サイトトップ

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール

WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック
野中 文雄 著


 

CreateJS Style Book for Web Creators
>> amazon.co.jpへ

価格: 3,129円(税込)
発売: 2012年6月26日
出版: 株式会社マイナビ
ISBN: 978-4-8399-4517-6
サポートページ(出版社)
表紙を拡大

>> もくじ
*Chapter02-01 (22ページ)の「PDFプレビュー」あり!
*おもなサンプルをjsdo.itに掲げ、そのリンクを追加。2014年12月12日付新ライブラリにサンプルを移行。New!
(書籍と同じHTMLドキュメントのサンプルは、上記「サポートページ」よりダウンロード)

【はじめに】
CreateJS Suiteは、HTML5のCanvas要素を使い、ダイナミックでインタラクティブな表現ができるJavaScriptの統合ライブラリです。もっとも、「ダイナミックでインタラクティブ」というのはもって回った言い方で、要は「Flashみたいな」コンテンツがつくれるということです。それもそのはず。CreateJSは、Flashコンテンツの制作で世界的に著名なGrant Skinner氏(gskinner.com)により開発されました。

この本は、JavaScriptの基礎を学んだみなさんに、CreateJSのライブラリはどのように使うのか、そしてどういう表現ができるのかを説明します。サンプルのコードは、試しやすく結果がわかりやすいことを心がけました。原則として、JavaScriptのクラス定義までは用いていません。つぎのようなChapter(章)から成立ちます。

Chapter 01「CreateJSを始める前に」
CreateJSのインストールやJavaScriptの基本のおさらい、Canvasへの描画の仕方を紹介します。

Chapter 02「CreateJS Suiteを使う」
CreateJS Suiteの4つのライブラリについて、基本的な使い方を説明し、サンプルのコードを書いてみます。コードの組立て方 についても解説を加えます。

Chapter 03「CreateJSを応用する」
CreateJSの応用例として、数学や物理、および物理演算エンジンを使ってみます。これらの知識をCreateJSと組み合わせるこ とにより、ダイナミックでインタラクティブなコンテンツがつくれます。

Appendix
CreateJSの中心的な話題からは少し外れるFlash Professionalとの連携や、JavaScriptの細かなあるいは突っ込んだ話、 CreateJSの最新情報の補足などです。

章やその中の節の順序は、基本的な項目から始め、応用的な内容へと進めています。ですから、CreateJSやJavaScriptの初心者の方は、順に読み進めてください。WordやTipsなどの囲み記事には、用語や補足の説明が加えられています。

CreateJSの基本的な使い方に重きを置いて書いたものの、当初予定より紙幅は大幅に増しました。それでももちろん、CreateJSの機能や魅力は語り尽くせません。応用のテクニックは無限にあるでしょう。そうした至らない部分はあるものの、魅力的な表現をつくるために、少しでもこの本が役立てば幸いです。

 

もくじ

[追記: 2015年1月19日]New! 2014年12月12日付でCreateJSの新しいバージョンがリリースされました。そこで、本ページに掲げたjsdo.itのサンプルの動きを新バージョンで確かめ、コードを書替えたサンプルは「2014/12/12」として改訂版を公開しました(他のサンプルは、コードはそのままでライブラリのみ最新版に差替えてあります)。改訂版のコードのどこが修正されたのかは、jsdo.itの画面右上にあるボタンを押してお確かめください(括弧内の数字は変更された行数を示します)。

Chapter01 CreateJSを始める前に
  • 01-01 CreateJS Suiteのインストールと設定
  • 01-02 JavaScriptの基本
  • 01-03 canvas 要素で定めた領域に図形を描く
Chapter02 CreateJS Suiteを使う Chapter03 CreateJSを応用する
  • 03-01 EaselJS でインスタンスをドラッグする勢いで加速して回す
    >>jsdo.it   >>2016/7/27 New!
  • 03-02 EaselJSのMatrix2Dクラスを用いた3次元表現
    >>jsdo.it
  • 03-03 Box2D を使った物理演算のシミュレーション
    >>jsdo.it
Appendix
  • AP-01 Flash Professional のToolkit for CreateJSを使う
  • AP-02 演算子を使って条件判定する
  • AP-03 JavaScriptでクラスを定める
  • AP-04 関数に任意のthis 参照を定める
  • AP-05 CreateJS ライブラリの+0.0.1 アップデート

Copyright © 2001-2012 Fumio Nonaka.  All rights reserved.