FumioNonaka.com

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール
初めにお読みください:「非公式テクニカルノート」のご利用について

■See also:
F-site.org

ActionScript Samples
Flash 8 Samples

Mailing List   ActionScript 3.0

CreateJS, Away3D and other HTML5 code samples
CreateJS Samples

Facebook Page   CreateJS

現在公開中の講座一覧
FumioNonaka.com Newletter 第151号は9月15日配信(次回は2016年10月初旬頃予定)
サイトの新ネタやセミナー情報をダイジェストでお知らせします。
 
Google
WWWを検索 FumioNonaka.comを検索
What's New
新規情報
紅葉月

16年8月トップ5テクニカルノート
01. Creators MeetUp「ネイピア数 〜美しきムダな数〜
02. FN1312003「平面上の2直線の交点を外積により求める
03. FN1608001「React: まずは動かしてみる
04. FN1503001「CSS3: 画像にロールオーバーしたときテキストを表示する
05. FN1008001「3次元空間における面の向きを調べる

16年8月注目テクニカルノート
08. FN1601005「AngularJS入門 04: 動的にリストをつくる
10. FN1608002「React入門 01: コンポーネントを組み立てる

 

2016.9.23
FN1609010「TypeScript入門 09: アロー関数式
TypeScriptは名前のない関数をアロー関数式で表せます。その書き方と優れた点をご説明します。

2016.9.17
FN1609009「TypeScript入門 08: 型の互換性
TypeScriptは型づけできることを大きな特長としています。型が合うか合わないかをどのように決めているのかについて、かいつまんでご説明します。

2016.9.14
FN1609008「TypeScript入門 07: ブロックスコープに変数を宣言する ー let
let宣言は、変数をブロックスコープの{}の中に定めます。変数のvar宣言との違いを、ふたつの例でご説明しました。

2016.9.14
FN1609007「TypeScript入門 06: メソッド引数のデフォルト値と省略および定数を定める
TypeScriptでは、メソッドの引数にデフォルト値を与えたり、引数を省略することもできます。また、値の変えられない定数の定め方についてもご説明します。

Away3D TypeScript gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現
  • 第11回「鼓動のようにアニメーションするボタン
    今回のお題も、前回に引き続きanimationプロパティを使います。transitionプロパティよりも細かくつくり込めるので、動き方を工夫し、ほかのアニメーションとも組み合わせると、魅力的な表現に仕上げられます。つくるのはマウスポインタを重ねると、鼓動のようにアニメーションするボタンです。

2016.9.12
FN1609006「TypeScript入門 05: get/setアクセサをを使う
get/setアクセサを使うと、メソッドをプロパティのように参照して扱えます。読み取り専用プロパティとして定めたり、値の設定時に他のプロパティを処理するなど、単純なプロパティにはできない機能が加えられます。

2016.9.12
FN1609003「TypeScript入門 02: publicとprivateおよびstatic
TypeScriptはクラスのプロパティやメソッドに、外部からの参照を許さないようアクセスに制限が加えられます。また、インスタンスなしに、クラスから参照する静的なメソッドも定められます。それらの構文について、簡単なクラスを例にとってご説明しましょう。

FN1609004「TypeScript入門 03: クラスを継承して使う
クラスを継承するとサブクラスは、スーパークラスのプロパティやメソッドを自らのものとして使えます。サブクラスを定めれば、スーパークラスの機能を拡張したり、使い途に応じたサブクラスをつくるなど、柔軟な開発ができるようになります。

FN1609005「TypeScript入門 04: オブジェクト型リテラルとインタフェースを使う
TypeScriptでは、変数や関数の引数、戻り値、プロパティあるいはメソッドに型づけできます。その型は予め備わっているデータだけでなく、独自に定めることもできます。型定義に用いられるオブジェクト型リテラルとインタフェースについてご説明します。

2016.9.10
FN1609002「TypeScript入門 01: Visual Studio CodeでTypeScriptのコードを書く
「Visual Studio Code」は、「TypeScript」を開発したマイクロソフトが提供する無償の高機能エディターです。本稿では、Visual Studio Codeをインストールして設定したうえで、TypeScriptの簡単なコードをビルドしてみます。

2016.9.1
FN1609001「TypeScript: とにかくJavaScriptファイルをビルドしてみる
TypeScriptでコードを書いてJavaScriptファイルをビルド(書き出し)するまでには、整えなければならない環境や予備知識が求められます。そうした準備をできるかぎり少なくして、TypeScriptの簡単なコードを動かしてみます。

2016.8.20
FN1608007「React入門 06: ローカルサーバーの立ち上げとJSXのコンパイル
npmのモジュールでローカルサーバーを簡単に立ち上げてみます。また、ブラウザの負荷が下がるように、JSXをユーザーのブラウザ上でなく、あらかじめ(静的に)コンパイルするやり方についてもご説明します。

2016.8.20
FN1608006「React入門 05: フォームからサーバーにデータを送ってページに加える
フォームに入力したデータをサーバーに送ったうえで、ページに加えます。Reactが扱うデータとフォームの要素に入力したテキストを連携させることが課題となります。

2016.8.17
FN1608005「React入門 04: JSONデータをローカルサーバーから読み込んでページに表示する
JSONファイルをローカルサーバーに置いて、そのデータを読み込み、ページに動的に表示します。ローカルサーバーはReactのチュートリアルのファイルを用いて立ち上げます。

2016.8.14
FN1608004「React入門 03: データはJSON形式にしてページをローカルサーバーで表示する
Reactで差し込む要素のテキストを、JSON形式にまとめます。すると、データをサーバーとやり取りすることもできるようになります。本稿ではその準備としてローカルサーバーを動かし、HTMLドキュメントのページを表示するところまでやってみましょう。

2016.8.13
FN1608002「React入門 01: コンポーネントを組み立てる
ReactはHTMLの要素を動的につくり上げて、ページに差し込むことができます。「JSX」というJavaScriptを拡張したシンタックスにより、JavaScriptコードの中にXMLと似た階層構造をもつタグが書き込めます。部品となるコンポーネントで要素を組み立ててみましょう。

FN1608003「React入門 02: remarkableでMarkdownの機能を加える
Reactで差し込む要素のテキストを、Markdownで書いてみます。JavaScriptライブラリremarkableを使えば、MarkdownのテキストをHTMLの記述に変えることができます。また、Reactで生のHTMLを差し込む場合のやり方についてもご説明します。

2016.8.7
FN1608001「React: まずは動かしてみる
Reactは今もっとも注目されているJavaScriptフレームワークです。HTMLの要素を動的につくり上げて、ページに表示することができます。ただ、なじみの少ない構文などの予備知識や準備が求められるため、初めての方には手をつけにくいきらいがあります。そこで、最小限のコードを示して、とりあえず大枠をご説明します。

gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第10回「画像を3次元で水平に回すアニメーション
    5つの画像で五角柱を組み立てて、水平に回してみます。五角柱にマウスポインタを重ねれば、回転は止まります。ずっと回し続けるために、アニメーションにはanimationプロパティを使いました。

2016.7.20
FN1607002「Animate CC: HTML5 Canvasコンテンツに他のコンテンツのムービークリップを読み込む
ActiolnScript 3.0では、再生しているSWFコンテンツに他のSWFコンテンツを読み込むことができます。HTML5 Canvasコンテンツには、決まったやり方がなく、JavaScriptコードの中身を確かめたうえで処理しなければなりません。比較的単純なコンテンツを例にして、基本的な考え方についてご説明します。

2016.7.2
FN1607001「JavaScript: オブジェクト複製のメソッドを継承する ー Object.prototype.constructorプロパティ
オブジェクトを複製するメソッドが求められることは少なくありません。基本的な機能ですので、スーパークラスに定めてサブクラスで継承したいこともあるでしょう。けれど、複製するオブジェクトをコンストラクタの呼び出しでつくろうとすれば、関数をどのようにして参照すればよいのかが問われます。

2016.7.1
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第9回「マウスポインタを重ねたテキストのアニメーション(2)
    引き続き、マウスポインタを重ねたときのテキストのアニメーションのご紹介です。前回はお題の3つのサンプルのうち2つ解説したので、残りのひとつを仕上げます。今回も、擬似要素の扱いとそれらのアニメーションが鍵です。

2016.6.29
FN1606001「JavaScript: クラスにゲッター/セッターでプロパティを定める
ゲッターやセッターを使うと、値の取得あるいは設定をメソッドとして定めつつ、プロパティのように扱うことができます。JavaScriptには、ゲッターとセッターの加え方がいくつかあります。それらを簡単なクラスのサンプルでご説明します。

2016.6.27
2016年6月25日土曜日に催された第41回Creators MeetUpで務めた一席「統計と確率の見方・考え方」のレジュメを公開します。当日の録画(14分間強)も加えました。

2016.6.8
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

2016.5.25
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第6回「画像をパネルに分けてアニメーションで切り替える
    画像を縦のパネルに分けて切り替えるアニメーションがお題です。数字のボタンを押すと、分かれたパネルが伸縮してクロスフェードします。「Sliding Image Panels with CSS3」の表現を参考にして、HTMLやCSSの構成を改めるとともに、とくにCSSのコードはできるかぎり絞り込みました。仕組みがわかりやすくなるよう心がけたものです。

  • 第7回「追加情報をアニメーションで表示するボタン
    今回のお題は、アニメーションするボタンです。マウスポインタを重ねると追加情報が現れます。「Animated Buttons」の表現を参考にしました。例によって、HTMLとCSSの構成はわかりやすく改め、コードも絞り込んであります。

2016.5.20
FN1605002「AngularJS: コンポーネントを使う
AngularJSでは、アプリケーションをコンポーネントに分けて構造化できます。コンポーネントはAngular 2にも採り入れられている仕組みで、コンポーネントを単位とすれば、柔軟な開発ができます。簡単なデータバインディングのサンプルを、コンポーネントが使われた構成に書き替えてみます。

FN1605003「AngularJS: コンポーネントを階層化する
AngularJSでは、大きなアプリケーションもコンポーネントを階層化して、機能ごとにコンポーネントを分けることにより、開発が柔軟に進められます。「AngularJS: コンポーネントを使う」でつくった簡単なデータバインディングのサンプルに、階層化したコンポーネントで機能を加えてみます。

2016.5.11
FN1605001「jQuery: ドキュメントの準備が整ったら関数を呼び出す ー .ready()メソッド
DOMにアクセスする準備が整ったとき実行したい処理を、ハンドラ関数として定めるメソッドです。jQueryの公式リファレンスの情報に説明を補いました。

2016.5.2
2016年4月30日土曜日に催された第39回Creators MeetUpで務めた一席「無限のパラドックス」のレジュメを公開します。当日の録画(13分間)も加えました。

2016.4.7
FN1604002「SoundJS 0.6.2: 読み込んだサウンドファイルを再生する
SoundJSで外部サウンドファイルを読み込んで再生し、一時停止や再開するといった基本的な操作に用いられるプロパティとメソッドについて解説しました。また、それらを使ったサンプルのコードも掲げてあります。「読込んだサウンドファイルをSoundJSで再生する」を現行バージョンに合わせて全面改訂したものです。

gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現
  • 第5回「画像にポインタを重ねるとキャプションが現れる
    今回のお題は、画像にキャプションを示すアニメーションです。マウスポインタを画像に重ねると説明書きが現れます。画像にもちょっとしたアニメーションが加えました。用いる設定は、さほど目新しいものではありません。組み合わせや細かな調整を加えてつくり上げた表現です。

2016.4.6
FN1604001「AngularJS: 送信ボタンでフォームの入力データを扱う
AngularJSでは、使い回しできる機能(プロパティやメソッド)が備わったモジュールをサービスと呼んでいます。AngularJSにあらかじめ備わったサービスだけでなく、独自のサービスを定めて利用することもできます。本稿は、為替レートにもとづく簡単な計算書を作例として、サービスの使い方やつくり方を解説します。

2016.3.1
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第4回「3次元で垂直に回る立方体のメニュー
    前回と同じく項目を並べたメニューを、今度は3次元のアニメーションにしました。マウスポインタをメニュー項目に重ねると、立方体のように垂直に回ります。CSS3を使えば、このような3次元の表現も可能です。

2016.2.25
FN1602005「AngularJS: 送信ボタンでフォームの入力データを扱う
AngularJSを使って、フォームの送信ボタンが押されたとき、入力データをどう扱えばよいのかご説明します。送信の処理は、JavaScriptコードでAngularJSのコントローラを定めて行います。

2016.2.18
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第3回「選択項目以外がぼけるメニュー
    今回のお題は項目を並べたメニューです。マウスポインタをメニュー項目に重ねると、他の項目のテキストがぼけます。また、ポインタを重ねたメニュー項目は浮き上がらせたり、マウスボタンを押すと凹むようにアニメーションさせました。

2016.2.10
FN1602004「AngularJS: フォームの入力が正しくないとき送信ボタンを押せないようにする
AngularJSを使って、フォームの入力が正しく行われたときだけ送信ボタンを押せるようにします。なお、このサンプルでは、JavaScriptコードは書きません。

2016.2.10
FN1602002「AngularJS: フォームに入力されたデータに応じてスタイルを変える
AngularJSは、フォームに入力されたデータを、形式に応じたいくつかの条件で調べることができます。その結果に応じて要素のスタイルを変えてみましょう。なお、このサンプルでは、JavaScriptコードは書きません。

FN1602003「AngularJS: フォームの入力に応じてクラスを動的に変える
AngularJSは、フォームに入力されたデータを、形式に応じたいくつかの条件で調べることができます。その結果に応じて要素に与えるクラスを変えてみましょう。なお、このサンプルでは、JavaScriptコードは書きません。

2016.2.8
FN1602001「AngularJS: フォームに入力されたデータを確かめる
AngularJSは、フォームに入力されたデータを、形式に応じたいくつかの条件で調べることができます。その結果によって、メッセージを表示してみます。なお、このサンプルでは、JavaScriptコードは書きません。

2016.2.5
FN1601002「AngularJS入門 01: AngularJSを始める
AngularJSのインストールおよび設定を行い、とりあえずごく簡単なアプリケーションとして動かしてみます。

FN1601003「AngularJS入門 02: 要素の属性を動的に変える
AngularJSには、HTMLドキュメントのデータを他の要素で参照する「データバインディング」の機能があります。この機能により、要素のclass属性をインタラクティブに定めて、スタイルを切り替えてみます。

FN1601004「AngularJS入門 03: コントローラで値を与える
AngularJSは、JavaScriptコードで定めたコントローラにより、データの扱いを定めることができます。はじめの一歩として、コントローラで初期値をHTMLドキュメントに与えてみます。

FN1601005「AngularJS入門 04: 動的にリストをつくる
AngularJSは、コントローラで定めた配列の値を取り出して、HTMLドキュメントに動的にリストとして加えることができます。かたちが決まったいくつものデータを、差し込んで表示したいときに便利です。

FN1601006「AngularJS入門 05: コントローラで項目を動的に追加する
AngularJSのコントローラにメソッドを定めると、データが動的に処理できます。入力フィールドに書いたテキストを、項目としてHTMLドキュメントに加えてみます。

FN1601007「AngularJS入門 06: 項目を数えて表示する
AngularJSのコントローラで管理している配列の項目を数え上げて、HTMLに動的に表示してみます。配列エレメントをひとつひとつ取り出して処理する関数も、併せてご紹介します。

FN1601008「AngularJS入門 07: 項目を調べて削除する
AngularJSのコントローラで管理している項目のデータを調べて、条件にしたがって削除してみます。要素のマウスクリックでコードを実行するディレクティブも、併せてご紹介します。

gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第2回「アコーディオンメニューのアニメーション
    マウスポインタをメニュー項目に重ねると、サブメニューが広がります。また、サブメニュー項目は、マウスポインタの動きに応じてハイライトさせます。JavaScriptは使わず、CSS3だけでもアコーディオンメニューの基本的な動きはつくれます。

2016.1.25
2016年1月22日に催された第7回CreateJS勉強会で務めた一席「EaselJS 0.8.2の改訂項目とgskinner labの作例『Arc Rainbow』」のレジュメを公開します。

FN1601001「条件分岐を考える
Grant Skinner氏のサイトgskinner labに掲げられた作例「Arc Rainbow」は、[Mode]のリンククリックで円弧の配色の決め方が、[monochrome](単色)、[hue shift](色相の変化)、[rainbow](虹の7色)、[random](ランダム)の順に切り替わります。そのための条件分岐の組み立て方について考えてみます。

2016.1.16
2016年1月16日に催された第36回Creators MeetUpで務めた一席「図で数学を考える」のレジュメを公開します。当日の録画(5分間)も加えました。

2015.1.13
gihyo.jp連載「CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

  • 第1回「プッシュボタンのアニメーション
    新連載では、CSS3によるアニメーション表現を紹介していきます。その中でも、幅広い読者に応用してもらえるインターフェイスがおもなお題です。CSS3が充実し、ブラウザの実装も進んできたので、JavaScriptコードを書かずとも豊かな表現ができます。第1回は、基本を抑える意味で、プッシュボタンのアニメーションをつくります。

2015.12.14
CreateJSのビルドが2015年11月26日付で改められました。ライブラリごとのVERSIONS.txtの内容に情報やリンクを補いつつ解説しました。

FN1512003「PreloadJS 0.6.2: 改訂された項目
FN1512004「SoundJS 0.6.2: 改訂された項目
FN1512005「TweenJS 0.6.2: 改訂された項目

また、FN1511003「EaselJS 0.8.2候補: 改訂される項目」は題名を「EaselJS 0.8.2: 改訂された項目」に改め、中身も追加・補正しました。

2015.12.10
FN1512001「設定のオン・オフを切り替える - トグルボタンの論理組み立て
ひとつのボタンで設定のオン・オフを切り替えたいことがあります。EaselJSの表示オブジェクトにドロップシャドウを掛けたり外したりする例で、その論理の組み立て方についてご説明しましょう。考え方は、CreateJSにかぎったものではありません。

FN1512002「CreateJS 15/05/21: Graphicsコマンドでトゥイーンアニメーションを描く
Grant Skinner氏による作例にもとづき、円弧の描画をアニメーションさせる手法と仕組みについてご説明します。円弧のトゥイーンアニメーションには、Graphcisコマンドが用いられています。

2015.11.26
FN1511002「オブジェクトが配列かどうかを確かめる
JavaScriptでオブジェクトが配列かどうかを確かめたい場合があります。そのとき、いくつかのやり方が考えられますのでご紹介します。

FN1511003「EaselJS 0.8.2候補: 改訂される項目
CreateJS次期バージョン(NEXT)に向けた開発が進められています。EaselJSはバージョン0.8.2が予定されているようです。更新が加えられつつあるVERSIONS.txtの内容に情報やリンクを補いつつ解説します。

2015.11.25
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第20回「2つの光源のアニメーションとカメラのパン・チルト
    今回が連載の最終回になります。前回、4つに増やしたロゴでつくったパーティクルのアニメーションを仕上げます。点光源を増やして3次元空間で回すとともに、カメラにパンとチルトのインタラクションを加えます。

FN1511001「Away3D: 2015年10月9日付ビルドに以前のコードを対応させる
2015年10月9日付でAway3D TypeScript (AwayJS)のビルドが改められました。例によって、これまでのコードはそのままでは動かなくなります。そこで、gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現」でつくった作例4点を、2015年10月9日付ビルドに合わせて書き直してみました。それらの修正点をかいつまんでご説明します。

2015.11.24
2015年11月21日に催された第34回Creators MeetUpで務めた一席「方程式のはなし」のレジュメを公開します。当日の録画(25分間)も加えました。

2015.11.5
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

2015.10.21
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

FN1510002「バナー広告をつくるときに役立つクラス ー AdHelper
2015年10月5日付のCreateJS Blogの記事「HTML5 Banner Ads With CreateJS」に、新たなクラスとしてAdHelperが紹介されました。バナー広告をつくるときに役立つクラスです。「HTML5 Banner Ads With CreateJS」Appendix「AdHelper」にもとづいてAdHelperクラスの機能をご紹介します。

2015.10.16
FN1510001「HTML5 Canvas書き出しの最適化に役立つツール
Adobe Flash Professional Team Blog「Behind the scenes of HTML5 Canvas rendering performance」に、Flash Professional CCのHTML5 Canvasドキュメントからの書き出しを最適化するために役立つ無償のJSFLツールが2本紹介されました。この記事とダウンロードページの情報をかいつまんでご説明します。

2015.9.29
FN1509002「Webページの背景に粒子のアニメーションを加える ー Particleground
jQueryのプラグインParticlegroundを使うと、Webページの背景に粒子のアニメーションが加えられます。マウスポインタの位置に応じた視差効果(パララックス)も備わっています。このプラグインの使い方をかいつまんでご紹介しましょう。

2015.9.28
FN1509001「2進数・16進数とビット演算
2進数や16進数の表し方と、2進数を基礎としたビット演算について、JavaScriptコードにもとづいて簡単にご紹介します。

2015.9.13
2015年9月12日に催された第32回Creators MeetUpで務めた一席「マイナスと借金と、時々、複素平面」のレジュメを公開します。当日の録画(15分間)も加えました。

2015.9.5
2015年9月4日土曜日開催のCreateJS勉強会(第6回)「最新のCreateJSを取り巻く環境にキャッチアップする」で務めた一席「CreateJSのアップデートとFlash Professional CC 2015のHTML5 Canvasパブリッシュ」のレジュメに加筆・補正を加えたので公開します。

2015.8.14
FN1508001「鉛筆と消しゴムによる描画
Grant Skinner氏がjsfiddle.netに、CreateJSによる鉛筆ツールと消しゴムツールのような描画の仕方の作例を公開されました。そのコードをもとにして、仕組みを解説するとともに、若干の改善を加えてみます。

2015.8.10
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

2015.7.26
FN1507001「HTML5 Canvasから書出したMovieClipインスタンスの座標が基準点にならない
Flash Professional CCのHTML5 Canvasドキュメントから書出したMovieClipインスタンスにxy座標を与えたとき、意図した位置に定められないことがあります。

2015.7.19
2015年7月18日に催された第30回Creators MeetUpで務めた一席「ネイピア数 〜美しきムダな数〜」のレジュメを公開します。当日の録画(15分間)も加えました。

2015.7.14
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

2015.6.27
FN1506004「Flash Pro CC 2015: HTML5 Canvasパブリッシュの改善
Flash Professional CC 2015の中からHTML5 Canvasのパブリッシュに関わる新機能をご紹介します。なお、2015年2月にFlash Professional CC 2014がマイナーアップデートされましたので、その内容も含めました。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第14回「床に映る炎の光をアニメーションさせる
    前回は、アニメーションするパーティクルの動きやかたち、色を炎に近づけました。今回は、さらに炎が映り込む光を床に加えます。その光にも、揺らぐようなアニメーションを与えました。

2015.6.16
FN1506003「EaselJS 0.8.1: 破線を描く ー Graphics.setStrokeDash()メソッド
EaselJS 0.8.1に備わったGraphics.setStrokeDash()メソッドは、描画する線に破線のスタイルが定められます。第1引数の配列には数値エレメントをふたつ加え、初めが線の長さ、後が余白の間隔を定めます。第2引数の数値で、描き始める位置が変えられます。他のメソッドの使い方は、実線と同じです。

2015.6.5
F-site:CSS3「Creators Meetup数学ネタまとめ
毎月第3土曜日に開かれるCreators Meetupの中で、隔月で数学ネタの一席を務めるようになり、数も重ねてきました。そこで、ビデオ録画とレジュメやサンプルのリンクを、分野ごとにまとめてみました。

2015.6.3
F-site:CSS3「CreateJSの2014年12月12日および2015年5月21日の改訂のまとめ
CreateJSライブラリは、2014年12月12日に大きく改訂されました。EaselJSに多くの修正が加わり、SoundJSとPreloadJSも大幅に書替えられました。さらに、2015年5月21日に0.0.1の更新が行われました。核となる変更は、正規リリースに近づいています。これらの改訂にもとづく記事をまとめました。

2015.6.2
FN1506002「EaselJS 0.8.1: 改訂された項目
2015年5月21日付で、EaselJS 0.8.1が公開されました。改訂された項目について、VERSIONS.txtにもとづきご紹介します。

2015.6.1
FN1506001「EaselJS 0.8.1: MovieClipオブジェクトの再生の長さ・フレーム数を調べる
EaselJS 0.8.1のMovieClipクラスには、再生の尺つまり再生にかかる長さを示すプロパティが新たに加わりました。MovieClip.durationとMovieClip.totalFramesがそのプロパティで、いずれも再生し終えるまでのミリ秒数またはDisplayObject.tickイベント数を示します。

2015.5.30
FN1505004「EaselJS 0.8.0: Rectangleクラス
EaselJS 0.7.1のRectangleクラスには、geomパッケージのクラスの最低限の実装というべきメソッド4つしかありませんでした。EaselJS 0.8.0で、矩形領域の範囲を変えたり、他の矩形領域や座標との関係を調べるメソッドが7つ加わりました。これらについて、簡単にご説明します。

FN1505005「CreateJS 15/05/21: 0.0.1のライブラリアップデート
CreateJS Blogの2015年5月28日付記事「New versions of CreateJS released!」で、CreateJSのライブラリのバージョンをそれぞれ0.0.1ずつアップデートしたことが公開されました。EaselJSが0.8.1に、他のTweenJSとSoundJS 、およびPreloadJSの3ライブラリはいずれも0.6.1に改められています。blog記事にもとづいて、おもな改善点をご紹介します。

2015.5.27
FN1505002「EaselJS 0.8.0: 改訂された項目
2014年12月12日付で公開されたEaselJS 0.8.0の改訂された項目について、VERSIONS.txtにもとづきご紹介します。細かい点も含めると数が多いので、この機会にまとめました。

FN1505003「EaselJS 0.8.0: DisplayPropsクラス
DisplayPropsは、DisplayObjectインスタンスの表示に関わるプロパティ値の計算をまとめて扱う新しいクラスです。これまでは、Matrix2Dクラスの拡張された機能として、表示のためのプロパティを演算するメソッドやプロパティが備えられていました。しかし、EaselJS 0.8.0から、Matrix2Dクラスはもっぱら座標変換を担い、表示のプロパティはDisplayPropsクラスが扱うことになりました。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第13回「パーティクルを炎のように表現する
    前回は、のろしが立ち上るような表現までできました。今回は、パーティクルの動きや見た目を炎らしく整えます。ランダムな動きやアニメーションノードを加え、テクスチャも与えましょう。

2015.5.20
FN1505001「EaselJS 0.8.0: フレームレートを扱う
新たに加わったMovieClip.framerateプロパティを定めると、インスタンスごとにフレームレートが変えられます。また、Ticker.framerateとTicker.intervalプロパティも備わりました。それらをリファレンスとして解説します。

2015.5.19
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

2015.5.18
2015年5月16日土曜日に催された第28回Creators MeetUpで務めた一席「ベレの方法ってなんですの?」のレジュメとサンプルに、当日のYouTube録画を加えて公開します。

2015.4.27
FN1504002「TweenJS overhaul: Tweenクラスで相対値を使う
TweenJS 0.6.0のTweenクラスのメソッドでは、相対値でトゥイーンすることはできません。けれど、相対値を使うためのプラグインが、テスト用にCreateJSのGitHubにアップロードされました。

2015.4.20
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第11回「Away3D TypeScriptが2015年3月13日付でビルドを改めた
    Away3Dのライブラリが2015年3月13日付で改められました。そのJavaScriptファイルに差し替えると、この連載でこれまで書いたコードがおおかた動かなくなります。そこで今回は、その解説をします。

2015.4.19
FN1504001「EaselJS 0.8.0: Flash Pro CCでパブリッシュしたMovieClipオブジェクトの総フレーム数を参照する
Flash Professional CCは、MovieClipインスタンスをCreateJS向けにパブリッシュできます。ただし、EaselJSのMovieClipクラスには、合計フレーム数を参照するプロパティがありません。けれど、その数値を得ることはできます。

2015.3.31
FN1503001「CSS3: 画像にロールオーバーしたときテキストを表示する
CSS3のプロパティtransformやtransitionを用いると、要素をアニメーションさせたり変形することができます。ご紹介する3つのサンプルは、マウスポインタを画像に重ねたとき説明のテキストが表れます。JavaScriptコードは書いていません。

2015.3.24
F-site:CSS3「TweenJSの改訂
今、TweenJSの改訂が進んでいるようです。開発者のGrant Skinner氏から「TweenJS rewrite」と題する投稿がなされました。新しいTweenJSに加えてほしい機能があったら、ぜひ伝えてほしいそうです。たとえ今回のリリースに備えることができなくても、その要望を念頭に開発を進めたいとのことです。投稿の中身をかいつまんでお知らせします。

2015.3.23
2015年3月21日土曜日の第26回Creators Meetupで務めた高座「ベクトルふたたび - 外積と内積を使う」のレジュメとサンプルコードを公開します。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第9回「マウスイベントを扱う
    前回は、真ん中のオブジェクトの周りにランダムな位置と大きさで複数のオブジェクトを置いて、カメラで回り込みました。今回は、これらのオブジェクトへのマウスインタラクションを加えます。オブジェクトのマウスイベントをどう扱うかが課題です。

  • 第10回「マウスポインタに応じてカメラを水平および垂直に動かす
    前回は、3次元空間に置いた立方体のオブジェクトにマウスのロールオーバー/ロールアウト、クリックへのインタラクションまで加えました。今回は、これらのオブジェクトを回り込んで捉えるカメラの位置も、マウスポインタの動きに応じて変わるように仕上げます。

2015.2.16
F-site:CSS3「CSS3を使ったアニメーションとインタラクション
CSS3を使うと、静的な表現だけでなく、アニメーションやインタラクションが加えられます。これまでつくった作例を8つをまとめてご紹介しました。最後の例を除いて、JavaScriptコードは書きません。いずれも中身は、リンクしたノートで詳しく解説しています。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第7回「回り込むカメラの真ん中にオブジェクトを捉える
    今回からのお題は、3次元でインターフェイス風の動きをつくります。サンプルは、マウスポインタの位置に応じて空間に浮かぶ箱が回り、それぞれの箱はロールオーバーとロールアウト、およびクリックに反応します。今回は箱の配置と回転までで、これから都合4回で仕上げるつもりです。

  • 第8回「オブジェクトの位置と大きさをランダムにする
    前回の「回り込むカメラの真ん中にオブジェクトを捉える」では、真ん中のオブジェクトが中心となる円周上に、等しい間隔で複数のオブジェクトを並べ、カメラはその外の円軌道から回り込ませました。今回は、オブジェクトの位置や大きさをランダムにしてみます。

2015.2.11
2015年2月11日CreateJS勉強会 (第5回)「新CreateJSをコンテンツ制作に活かす」で務めた一席「新しいCreateJSで書くコードはどう変わるのか」のレジュメとコードを公開しました。

「EaselJS NEXT: Graphicsクラス」と「EaselJS NEXT: Graphics.commandプロパティ」にリンクや補訂を加えて、それぞれFN1411005「EaselJS 0.8.0: Graphicsクラス」およびFN1411004「EaselJS 0.8.0: Graphics.commandプロパティ」に改めました。

2015.2.6
FN1502001「EaselJS 0.8.0: 使い回すオブジェクトにプロパティを定める
オブジェクトは、できれば使い回した方がお得です。EaselJS 0.8.0には、そのために使えるプロパティを定め直せるメソッドが加わったり、これまでのメソッドが変わったりしました。そのいくつかを、かいつまんでご説明します。

2015.2.4
FN1501008「Canvas 2D: Path2Dインターフェイス
Canvas 2D APIのPath2Dインターフェイスはパスを定め、CanvasRenderingContext2Dオブジェクトで用いることができます。Path2Dオブジェクトにつくったパスは、必要なときいつでもCanvasで使えます。

FN1501009「CSS3: 画像とテキストを3次元でアニメーションさせる
CSS3のプロパティtransformとtransitionを組み合わせると、3次元のアニメーションができます。要素を水平に回したり、手前に押し出したりするサンプルをつくりました。JavaScriptコードは書きません。

2015.1.28
FN1501006「PreloadJS 0.6.0: 古いコードのイメージ読込みをImageLoaderクラスで書直す
PreloadJS 0.6.0から、コンテンツの形式に応じたローダをクラスとして備えました。イメージファイルはImageLoaderクラスで読込みます。読込むのが初めからイメージとわかっているときは、LoadQueueよりImageLoaderクラスを使った方がお得です。そこで、古いバージョンで書いたコードを、ImageLoaderクラスで書替えてみます。

FN1501007「CSS3: transitionを使ったアコーディオンメニュー
CSS3のtransitionプロパティを使うと、プロパティの値をアニメーションで切替えることができます。この機能を使って、アコーディオンメニューをつくりました。JavaScriptコードは書きません。

2015.1.24
FN1501005「CSS3: 画像をクロスフェードで切替えるインターフェイス
CSS3のtransitionプロパティを使うと、ふたつの画像をクロスフェードで切替えることができます。さらに、切替えボタンなどのインターフェイスもCSSでつくりました。

2015.1.19
gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第4回「床の追加とカメラのパン・チルト
    前回手直ししたコードに、ふたつ手を加えて仕上げます。第1に、テクスチャが貼られた床を3次元空間に加えます。そして第2に、マウスドラッグでカメラの視界が変えられるようにします。

  • 第5回「スカイボックスで3次元空間に背景をつくる
    今回から取組むお題は、Away 3D TypeScriptサイトから「Examples」の作例「Skybox and environment mapping」を頂戴しました。スクリプトの組立ては、わかりやすさを考えて書き改めます。

  • 第6回「スカイボックスの中に置いたドーナッツ型をカメラで追う
    前回のコードに手を加えて、真ん中にドーナッツ型を加えて背景を映し込むとともに、カメラの向きをインタラクティブに回り込ませます。そして、お題のAway 3D TypeScriptサイトの作例「Skybox and environment mapping」に、さらにもうひと手間加えます。

2015.1.17
2015年1月17日土曜日の第24回Creators Meetupで務めた高座「パスにこだわる」のレジュメとサンプルコードを公開します。

FN1501002「CSS3: transitionを使ってメニューのナビゲーションをつくる
CSS transitionプロパティを使ってプルダウンメニューのナビゲーションをつくります。サブメニューは不透明度を上げながら広がり、メニューテキストの色も短い時間で変わっています。JavaScriptコードはまったく書かず、transitionプロパティの基本的な使い方でつくれます。

FN1501003「EaselJS 0.8.0: Matrix2Dクラスの基本的なメソッドと行列演算
EaselJSライブラリのMatrxi2Dクラスによる座標変換は、おもに変換行列の乗算で表されます。バージョン0.8.0から、多くのメソッドで掛ける順序が変わりました。そこで、Matrix2Dクラスの基本的なメソッドについて、その行列演算をご紹介します。

FN1501004「EaselJS 0.8.0: extend()メソッドを使った継承に書替えるときに注意すること
EaselJS 0.8.0からextend()メソッドが備わり、CreateJSのクラスの継承の仕組みも改められました。そこで、これまでの継承の仕方で定められたクラスを、この新しい仕組みにどう書替えたらよいか、かいつまんでご説明します。

2015.1.7
FN1501001「EaselJS 0.8.0: カラフルに光る円のアニメーション
さまざまな色と大きさの円を、それぞれの向きに動かすサンプルです。速さは大きさと比例させました。フィルタで縁をぼかし、重なった色を加算することにより、光のような表現にしています。また、簡単な最適化の手法も加えました。

2014.12.31
FN1412009「EaselJS 0.8.0: Pointクラスの実装を見る
EaselJSは、CreateJS Suiteのおおもととなるライブラリです。その中でも備わるプロパティやメソッドが少なくて簡素なPointクラスの実装を見ることは、CreareJSのライブラリを研究するはじめの一歩に適しているでしょう。

FN1412010「CSS3: transitionを使った回転と伸縮のアニメーション
CSS transitionは、CSSプロパティをアニメーションさせて変えることができます。つくるサンプルには、img要素が含まれたa要素をそれぞれ少しずつ傾けて並べました。そして、マウスポインタを重ねると、要素は少し大きくなりながら、傾きがまっすぐに戻ります。

2014.12.20
FN1411002「CreateJS 14/12/12: 新たな継承の仕組みを定めるextend()とpromote()メソッド
次期バージョン候補(NEXT)にもとづいて書いたリファレンスを、正規バージョンリリースにともない、加筆・補正しました。

2014.12.18
FN1412002「Starling 1.6が公開
Gamuaのblogの2014年12月12日付記事「Starling 1.6」で、Starlingの新たなバージョン1.6の公開が知らされました。これまでと同じ改善や最適化だけでなく、Adobeの最新のStage3D技術を生かした新たな機能も加えられました。この記事にもとづいて、新たな中身についてご説明します。

FN1412003「EaselJS 0.8.0: EaselJSの最適化が進められた
EaselJS 0.8では、パフォーマンスを最適化するため、テスト用のフレームワークを採入れました。その結果をもとに、大きく3つの変更が加えられました。

FN1412004「PreloadJS 0.6.0: 新たな個別ローダーの仕組み
PreloadJSはこれまでブラウザごとの違いやくせをうまく扱うため、コードがあちこち複雑になってしまいました。新たなリリースでは、この複雑さをなくすため、内部的な仕組みを改めています。

FN1412005「PreloadJS 0.6.0: ImageLoaderクラス
ImageLoaderクラスは、イメージファイルを読込みます。コンストラクタで、読込むファイルとXML HTTP Requestsの要否を定めます。そして、読込み始めるには、ImageLoader.load()メソッドを呼出さなければなりません。

FN1412006「PreloadJS 0.6.0: 読込みにwithCredentialsとheadersを定める
インターネットの性質から、リクエストに手を加えたり、セキュリティフラグを立てなければならないこともあります。そこで、低レベルのリクエストをカスタマイズできるように、ロード項目に新たにwithCredentialsとheadersというふたつのプロパティが加わりました。

FN1412007「CreateJS 14/12/12 : getter/setterプロパティを実装する
新たなCreateJSでは、内部的にgetter/setterプロパティを大幅に採入れました。すでにあるプロパティに多くの役立つ機能を加え、あるいはいくつかのメソッドはgetterプロパティにしました。

FN1412008「EaselJS 0.8.0 : 新たなイベント ー DisplayObject.addedとDisplayObject.removedおよびSprite.change
DisplayObjectインスタンスの親が変わったとき、またスプライトシートのフレームが切り替わるときに新たなイベントが送られます。

F-site:CreateJS「CreateJSの新バージョンと公式サイトの新装
2014年12月17日付CreateJSのblog記事「CreateJS Update: New website and releases」で、新バージョンのリリースと公式サイトの模様替えが知らされました。blog記事をもとに、中身をかいつまんでご紹介します。また、すでに日本語で解説した記事のリンクも添えます。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第3回「ライブラリとクラスの読込みが変わった
    予告と内容を変えて、緊急特番です。前回第2回の記事が公開された翌日2014年11月5日付で、Away3Dのビルドが改められました。ライブラリの名前も数も、さらにクラスの読込み方も変わります。そこで、第2回のコードを、新しいビルドで動くように書き直します。

2014.12.12
2014年12月12日金曜日「年末特別号: 月刊ライトニングトーク2014年12月号」で務めた一席「11月にビルドが改められたAway3D TypeScript」のレジュメとサンプルコードを公開します。

2014.12.9
FN1412001「Away3D 14/11/05: スカイボックスをつくる
スカイボックスは、3次元空間を取り巻く背景画像のテクスチャでつくられます。6面のテクスチャで、3次元空間の物体とカメラを、箱のように囲みます。すると、カメラで周囲を見たときに、それらのテクスチャが遠景のように映るのです。

2014.12.2
CreateJS

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第36回「たくさんのオブジェクトを連結リストで扱う
    今回は本連載の最終回として、たくさんのオブジェクトの扱いについてひとつ知識を深めます。多くのオブジェクトは配列に入れるのがお約束です。ただ、そうした処理を自らクラスでつくろうとするとき、「連結リスト」という仕組みがあるので、ご紹介します。

2014.12.1
FN1411005「EaselJS NEXT: Graphicsクラス
EaselJS次期バージョンでは、Graphicsオブジェクトに描画するとき、内部的にGraphicsコマンドが用いられることになりました。さらに、Graphicsコマンドオブジェクトも直接扱えるように公開されます。

FN1411004「EaselJS NEXT: Graphics.commandプロパティ
Graphics.commandプロパティは、Graphicsオブジェクトに対してつくったり、加えたりした直近のGraphicsコマンドの参照をもちます。これを用いると、Graphicsコマンドのプロパティで後から描画が動的に変えられます。

2014.11.21
FN1411003「Away3D: 2014年11月5日付でライブラリとクラスの読込み方が変わった
Away3D TypeScriptのライブラリが2014年11月5日付で更新され、ライブラリ名やその数、さらにクラスの読込み方が変わりました。これまで、あるいは他のJavaScriptライブラリとは毛色が変わり、戸惑われる人も少なくないと思います。どこが変わったのかをかいつまんでご説明します。

FN1411002「CreateJS NEXT: 新たな継承の仕組みを定めるextend()とpromote()メソッド
クラスの継承とオーバーライドしたスーパークラスのメソッドの呼出しのため、新たなグローバルメソッドが加わりました。CreateJSのクラスの内部的な組立てを新たにします。

FN1411001「CreateJSの新しいクラスモデル
CreateJS blogの2014年11月4日「New CreateJS Class Model」で、CreateJSの次期バージョンから用いられるクラスのモデルが改められると発表されました。この記事にもとづいて、かいつまんだ中身をご説明します。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第2回「物体にテクスチャを貼って回す
    前回は、基本的なかたちとして球体をつくって3次元空間に置きました。今回は素材にテクスチャを貼って、アニメーションで回してみましょう。

2014.11.15【レジュメ&サンプルコード公開】
2014年11月15日土曜日の第22回Creators Meetupで務めた高座「sinとcosは何する関数?」のレジュメとサンプルコードを公開します。

[2014.11.17追記] YouTube録画が公開されたので、レジュメに加えました。

2014.10.31
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第35回「たくさんのパーティクルに弾けるようなアニメーションをさせる
    前回はステージにパーティクルをひとつ置き、マウスポインタの座標に向けて弾けるように動かしました。今回はこの数を増やして、パーティクルらしいアニメーションにします。パーティクルのような多くのオブジェクトを、配列でどう扱うかにも触れました。

2014.10.23
FN1410001「EaselJSのTextオブジェクトにテキストを改行して入れる
Textオブジェクトに示すテキストは、Text.textプロパティで与えられます。その文字列に改行のエスケープ文字が入っていなければ、デフォルトでは1行で表されます。Textオブジェクトの幅を定めたい場合、英文と邦文ではやり方が異なります。

FN1410002「次期Starling 1.6とSprite3D
Gamuaのblogの2014年10月21日付記事「Sprite3D and What's Next」で、次期Starlingフレームワークについて、とくに新しいSprite3Dの説明がなされました。その中身をかいつまんでご紹介します。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第34回「パーティクルの弾けるような動きをつくる
    新たなお題を3回にわたって説明して、連載を閉じることになりました。そこで、最近の解説のおさらいも兼ね、パーティクルを選びました。先頃大ヒットしたディズニーアニメの雪を想い起こさせる表現です。

gihyo.jp連載「Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

  • 第1回「Away3D TypeScriptで基本的な3次元の形状をつくる
    Away3D TypeScriptを解説する新たな連載が始まりました。初めてのお題は、床に置いたボールです。ドラッグすると、カメラ位置を回すことができます。都合3回で仕上げる予定です。

2014.9.26
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第33回「弾力のある多角形をドラッグして落とす
    前回の解説では、弾力のある四角形をつくり、さらにパラメータを変えて八角形なども試してみました。今回は、弾力のある多角形を、ドラッグして放れるようにします。

2014年9月20日土曜日に催された第20回「Creators MeetUp」で務めた一席「行列?なにそれ?おいしいの?」のレジュメにUSTREAM録画を添えました。

2014.9.13
F-site:CreateJS「CreateJS開発の今とこれから
CreateJSのライブラリの更新は、2014年7月25日から途絶えています。CreateJS開発の今とこれからについて、[CreateJS Support]の質問に開発者のGrant Skinner氏が答えました。

2014.9.11
FN1409001「Away3D 14/08/18: Away3D TypeScriptが8月26日付でアップデート
Away3D TypeScriptのビルドが、2014年8月26日付で更新されました。8月は18日にもビルドが改められています。6月13日付アップデートから変わった基本的なことがらをかいつまんでご説明します。

2014.8.29
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第32回「弾力のある多角形を放物線状に落とす
    前回は、ふたつの点を棒でつないで、放物線状に落としました。弾力のある動きが、座標の移動と位置関係や動く範囲を定めるだけの四則演算で表せたのです。今回は、点と棒の数を増やして多角形の動きをつくります。

2014.8.25
FN1408001「Away3D 14/08/18: LoaderEvent.RESOURCE_COMPLETEイベントで素材ファイルが読込めない
LoaderEvent.RESOURCE_COMPLETEイベントは、AssetLibrary.load()で各素材ファイルを読込み終えると配信されます。ところが、イベントのリスナー関数が受取ったイベントオブジェクトから、素材を取出せないことがあります。

2014.8.20
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第31回「位置座標の相互作用で弾力を表す
    今回のお題は、多角形の頂点を結んだかたちが、放物線状に落ちてきて、弾力のある動き方をします。それぞれの頂点の間の力のかかり方や、それらが弾むときの方向、他の頂点への力の変化など、かなり複雑な計算が求められるように感じられます。けれど、実は四則演算を使った簡単な式で、このアニメーションはつくられているのです。

2014.8.4
FN1407004「CSS3: テキストを順に浮かび上がらせては消すアニメーション
animationプロパティでテキストの影を、ひと文字ずつ時間差で増減させることにより浮き沈みが表現できます。簡単なコードをお題にして、その仕組みをご説明します。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第30回「Box2Dでたくさんのボールを床に落とし続ける
    前回、剛体のボールひとつを床に自由落下させるところまでつくりました。今回は、ボールの数を増やしてランダムな大きさと位置で落とすとともに、スクリプトの組立ても整えます。

F-site:CreateJS「数学を使ったJavaScriptコーディング
幾何学的な計算や物理運動を表すには、数学の知識が求められます。もっとも、計算は必ずしも難しい訳ではありません。考え方さえわかれば、応用できることが多いです。ここでは、一見難しそうなベクトルの外積と微分のふたつについて、その使い途と考え方をリンクでご紹介します。また、ビデオ映像やjsdo.itのサンプルも掲げました。

2014.7.29
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第29回「Box2Dで落としたボールを床に弾ませる
    自由落下させるボールの下に床にを加えて、その上で弾ませます。剛体がぶつかり合うことによって、物理演算シミュレーションらしくなります。

FN1407003「Flash Professional CCのHTML5 CanvasドキュメントでJavaScriptコードをどこに書くか
Flash Professional CC 13.1から、新たなドキュメント形式として[HTML5 Canvas]が加わりました。そして、フレームには[アクション]パネルでJavaScriptコードが書けます。もっとも、FLAファイルでコンテンツをすべてつくってしまうというのではなく、外部JSファイルと合わせてオーサリングすることが前提です。すると、FLAファイルのフレームとJSファイルのどちらに、どういうスクリプトを書けばよいかが問われます。

F-site:HTML5「Away3Dでつくる3DのHTML5コンテンツ
Away3Dエンジンが、「Away3D TypeScript」としてJavaScriptライブラリへの移植が進んでおり、現在アルファリリースが公開されています。いよいよHTML5とJavaScriptを使って、本格的に3次元表現ができるようになるのです。そのAway3Dを学ぶための入門的な解説を、リンクでご紹介します。

2014.7.26【レジュメ&サンプルコード&ビデオ公開】
2014年7月25日金曜日のAway3D勉強会「HTML5とJavaScriptではじめる3D表現」で務めた一席のレジュメ「Away3D TypeScriptで立方体を回してみる」にサンプルコードとUSTREAMビデオを添えて公開します。

2014.7.19【解説&サンプルコード公開】
FN1407001「速度から位置を決めるアニメーション ー 微分により運動を考える
物理的なアニメーションを表現しようとするとき、直接位置を計算しようとするより、速度から導いた方が複雑なアニメーションも簡潔に表せたりします。これは数学的には、微分により物体の運動を捉えていることになります。微分の計算そのものはしなくても、考え方を知るだけで見通しはよくなり、応用の幅も広がます。

2014年7月19土曜日の第18回「Creators MeetUp」で務めた同名のセッションのレジュメをもとに、加筆・補正しました。

2014.7.14
FN1407002「Away3D: テクスチャの凹凸と反射 ー 法線マップとスペキュラマップ
FN1405001「Away3D: パーティクルのアニメーション」では、Away3D TypeScriptを使った3次元空間のアニメーションで、燃える炎を表現してみました。このサンプルの床にテクスチャを与え、さらに凹凸や反射の表現も加えてみましょう。

2014.7.8
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第28回「物理演算エンジンBox2Dでボールを落とす
    3回ほどにわたって、物理計算にもとづくアニメーションをつくります。物理空間に置かれたものが、落ちたり互いにぶつかり合ったりしたときの位置や速度はライブラリで計算します。今回使うのは、さまざまな言語に移植されていて定評のあるBox2Dという2次元の物理演算エンジンです。

2014.6.30
FN1406001「EaselJS NEXT: Stage.drawRectプロパティ
EaselJS次期バージョンに加わるプロパティです。Stage.update()メソッドが呼出されたとき、Stageオブジェクトが更新される矩形領域をRectangleオブジェクトで定めます。

2014.6.22
F-site:HTML5「Away3D TypeScriptのビルドがまた5月13日付で変わった
Away3D TypeScriptの2014年6月13日付アップデート
Away3D TypeScriptのライブラリの構成が2014年5月に大きく変わり、また6月13日付でビルドが改められました。それまでのコードが動かなくなった変更もあります。ドキュメントが十分でないため、どこを直せばよいのかわかりにくくなっている面も否めません。基本的なサンプルコードにもとづいて、どこが変わったのかをご説明します。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第27回「ランダムな楕円軌道を描くパーティクルの仕上げ
    前回は、速度からランダムに導いた楕円軌道でパーティクルを回してみました。今回は、そのランダムをさらにばらつかせます。そして、楕円運動の速度から位置を求める方程式についても、数学的な説明を補いました。

2014.5.31
FN1405003「Flash Professional CCのHTML5 Canvasドキュメントで子インスタンスに定めた関数を呼出す
Flash Professional CC 13.1から加わったドキュメント形式の[HTML5 Canvas]を用いれば、入れ子にしたタイムラインのインスタンスがCreateJSで親子の階層としてActionScript 3.0のように扱えます。ただし、子インスタンスに定めた関数を呼出そうとすると、かなり勝手が違ってきます。

2014.5.28
FN1405002「Starlingフレームワーク1.5の新しい機能
Starlingフレームワーク1.5が正規に公開されました。多くの最適化やバグ修正、および新たな機能が加えられています。blog記事「Starling 1.5」にもとづいて、おもな変更点をご紹介します。

2014.5.22
FN1405001「Away3D: パーティクルのアニメーション
Away3D TypeScriptサイトの「Examples」に掲げられた「Animating particles simulating fire」を参考にして、パーティクルのアニメーションで燃える炎を表現してみます。2014年5月13日付の最新ビルドに対応しました。

2014.5.11
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

2014.4.30
FN1404005「Starlingフレームワーク1.5リリース候補
Starling 1.5のリリース候補が公開されました。Starling Forumの記事「Starling 1.5 Release Candidate」より、おもな変更点をご紹介します。

2014.4.24
FN1404004「SoundJSの次期バージョンがオーディオスプライトをサポート
SoundJSでオーディオスプライトが使えるようになります。GitHubのNEXTバージョンにこの機能が加えられました。オーディオスプライトは、CSSスプライトやスプライトシートのように、複数のオーディオ素材をひとつのファイルにまとめて扱います。

2014.4.23
FN1404003「EaselJS NEXT: Event.set()メソッドでオブジェクトにプロパティをまとめて加える
引数に受取ったオブジェクトからすべてのプロパティを取出して、参照するEventオブジェクトに与えます。複数のプロパティをひとつのオブジェクトに納めてEvent.set()メソッドに渡せば、Eventオブジェクトにまとめて加えられます。

2014.4.21
FN1404002「Away3D: 立方体を回してみる
オープンソースのリアルタイム3DエンジンAway3Dが、「Away3D TypeScript」としてJavaScriptライブラリに移植が進められており、現在アルファリリースを公開しています。このAway3D TypeScriptを使ったごく簡単なJavaScriptコードで、3次元空間に立方体をつくって回してみましょう。

2014.4.17
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第25回「楕円軌道に残像を描きながら回るパーティクル
    今回から、さまざまな楕円軌道を描いて回るパーティクルに取組みます。CreateJSコミュニティエバンジェリストSebastian DeRossi氏による「Fun with Particles」を参考に、仕組みがわかりやすいスクリプトに書直しました。楕円軌道を動かす式の立て方が課題です。

2014.4.11
FN1404001「CSS3: 3次元空間に立方体をつくって回す ー transformプロパティ
CSS3のtransformプロパティは、要素に回転・伸縮・傾斜・移動などの座標変換を加えます。さらに、transform-styleプロパティも合わせて用いれば、要素が3次元空間で変換できます。CSSで3次元空間に立方体をつくって回してみます。

2014.4.4
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第24回「マウスポインタの動きに弾みがついた曲線を滑らかに描く
    前回は、マウスポインタの動きに沿って、滑らかに描かれては消える線のアニメーションをつくりました。その線は、マウスポインタの動きに少し遅れて描かれました。今回は、線の表現にもう少し手を入れて仕上げます。

2014.3.19
F-site:CreateJS「オブジェクトが動く速度と加速度と微分の考え方
物理法則にしたがったオブジェクトのアニメーションをスクリプティングするとき、数学の「微分」の考え方で捉えられると応用の幅が広がります。微分と聞くと難しそうに響きます。けれど、大雑把にいってしまえば、オブジェクトの動きについて変化を見るということです。アニメーションがつぎのフレームでどう変わるかを考える、といってもよいでしょう。

2014.3.6
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第23回「マウスポインタの軌跡を滑らかな線で描きながら消す
    今回からのお題は、マウスポインタの動きに沿って、滑らかに描かれては消える線のアニメーションです。マウスが大きく動くと、線は太くなります。また、線はマウスポインタの軌跡そのままではなく、動きに少し弾みがついて描かれます。

2014.3.5
FN1403001「バネのような動きを加速度から定める ー オイラー法
バネが伸び縮みするアニメーションは、「単振動」と呼ばれて三角関数で表すのが定石です。けれど、バネの端をもって振り回すような動きは、加速度にもとづく式で扱うのが便利です。この式は「オイラー法」という数学の考え方から導かれます。

2014.2.27
FN1402006「CSS3: テキストをイルミネーションのように点滅させるアニメーション
CSS3でテキストをイルミネーションのように点滅させます。こうした表現でCSS3アニメーションをどのように定めるのかご説明します。

2014.2.18
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第22回「立方体の6面をx軸とy軸で回す
    前回水平に回した立方体の4面を、6面に増やします。そして、マウスポインタの位置に応じて、水平および垂直に回します。

2014.2.17
F-site:HTML5「JavaScriptで書く3次元表現
JavaScriptで3次元空間を表現するには、いくつかのやり方があります。そうした解説の中でとくに初心者向けの記事をご紹介しました。JavaScriptライブラリとしては、CreateJSとAway3D、およびthree.jsを使います。

FN1402004「Away3D: 立方体を回してみる
オープンソースのリアルタイム3DエンジンAway3Dが、「Away3D TypeScript」としてJavaScriptライブラリへの移植が進んでいます。このライブラリを使ったごく簡単なJavaScriptコードで、3次元空間に立方体をつくって回してみましょう。

FN1402005「Flash Player 13ベータリリースの機能
Flash Player 13のベータリリースには、機能強化とバグ修正に加え、安全性や安定性、パフォーマンス、およびデバイスの互換性などに関わる新機能が備わりました。「Flash Player 13 and AIR 4 Release Notes」からその中身をかいつまんでご紹介します。

2014.2.13
F-site:CreateJS「PreloadJS次期バージョンに読込み順を定めるプロパティが加わる
PreloadJS次期バージョン(NEXT)に、ファイルの読込み順を定める新たなプロパティが加わることになりました。直近のドキュメントから、かいつまんでご紹介します。

FN1402003「PreloadJS NEXT: LoadQueue.maintainScriptOrderプロパティ
プロパティにtrueが与えられると、LoadQueue.loadManifest()メソッドによるscript要素の読み込みが、第1引数に渡したマニフェストオブジェクトに記述された順で行われます。次期バージョン候補では、スクリプト以外の項目も、maintainOrderプロパティにtrueを与えれば、記述の順序にしたがって読込まれます。

2014.2.9
本ページ右カラムに、「CreateJS Samples」とFacebook Page「CreateJS」のふたつのリンクを加えました。

2014.2.7
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第21回「水平に回す立方体の面を塗る
    前回つくった立方体の四方の面を塗ります。ただし、面をどの順序で塗るか考えておかないと、面の重ね順が崩れます。今回は、「ベクトルの外積」を使って解決しました。

FN1402001「Starling JSをAway Foundationが引継ぐ
2014年2月5日付でStarlingの公式ブログに「Starling JS flocking to the Away Foundation」という記事が投稿されました。昨年5月に記事「A Bird For The Modern Web」とMAX2013でStarling JS開発がアナウンスされてから、これまで情報が伝えられなかった事情を語っています。ブログ記事にもとづいてご紹介します。

FN1402002「Away3D TypescriptとWebGL
2014年2月5日付でAway3Dの公式ブログに「Away Foundation roadmap 2014」と題する記事が公開され、2014年のロードマップが示されました。Away3Dエンジンの利用を拡げる新たなプラットフォームに向けた開発が進められます。その中からAway3D TypescriptとWebGLについて、ブログ記事にもとづいてご紹介します。

F-site:ActionScript: AS3「Flash用Away3D 4.2
Away3Dの公式ブログの記事「Away Foundation roadmap 2014」から、Flash用Away3D 4.2の計画についてご紹介します。

2014.2.5
FN1401004「等速円運動を三角関数の微分で表す
等速円運動は、多くの場合三角関数で表します。その場合、運動の式を位置の動きで立てるほかに、速度の変化で扱う考え方もあります。後者は、数学的には「微分」で導かれる関数が使われます。解説では先にJavaScriptコードを示し、数学の考え方は興味ある読者のために後で説明しています。

2014.1.30
FN1401003「EaselJS次期バージョンでWebGLを使う
2014年1月28日付CreateJS Blogに「WebGL & EaselJS: a Technical Intro」という記事が投稿されました。EaselJSの次期バージョンがサポートするWebGLレンダラをどのように使うかの入門的な解説です。本稿はblog記事にもとづいて、新しいWebGLレンダラについてご紹介します。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第20回「立方体のワイヤーフレームを水平に回す
    3次元空間の立方体を、マウスポインタの位置に応じて水平および垂直に回すお題に取組みます。今回は、ワイヤーフレームの立方体を、マウスポインタの水平座標に応じてy軸で回すところまでです。

F-site:CreateJS「EaselJS 0.7.1: サンプル「Smooth Line」
マウスポインタの動きにしたがって、滑らかな曲線が描かれては消えてゆくサンプルです。これまでFumioNonaka.comやgihyo.jpの連載で解説した小技をコードに採入れてみましたので、簡単にご紹介します。

2014.1.20【レジュメ&サンプルコード公開】
2014年1月18日土曜日の第12回Creators Meetupで務めた高座「珍味ベクトル外積3種盛り」のレジュメとサンプルコードを公開します。ベクトルの「外積」は、考え方のわかりにくい計算です。けれど、何に使えるのかを知れば、式そのものは簡単な四則演算です。今回は2次元のベクトルに絞って、3つのインタラクティブなサンプルを例に、外積がどう使われているのかをご紹介します。

2014.1.17
FN1401002「EaselJSがWebGLをサポート
2014年1月16日付CreateJS Blogに「WebGL Support in EaselJS」という記事が投稿されました。EaselJSでWebGLレンダラがサポートされるということです。現在、パブリックプレビューが公開されています。blog記事にもとづいて、新しいWebGLレンダラについてご紹介します。

2014.1.16
FN1401001「Flash Player 12の新たな機能
2014年1月14日にFlash Player 12がリリースされました。それを受けて、Adobeからのアナウンスや「Release Notes | Flash Player 12 AIR 4」(いずれも英文)も公開されました。本稿では、これらの記事にもとづき、Flash Player 12で新たに加わった機能を簡単にご紹介します。

2014.1.14
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第19回「3次元空間で弾むオブジェクトとz座標による重ね順の並べ替え
    前回の第18回「クラスの継承と透視投影」では、3次元座標のボールのクラスを定め、100個のオブジェクトをランダムな向きに落としたうえで、2次元平面に透視投影しました。今回は仕上げとして、まずボールを床で弾ませます。つぎに、ステージから見えなくなったオブジェクトは、メモリから片づけます。そして、3次元のオブジェクトの重ね順を整えます。

2013.12.31
F-site:CreateJS「CreateJSのマイナーアップデートが公開される
CreateJSのマイナーアップデートがリリースされました。ライブラリやAPIの安定性が増し、大きな改善も加えられています。本稿はCreateJS Blog「New Releases of CreateJS posted!」にもとづいて、変更点を簡単にご紹介します。

F-site:CreateJS「EaselJS 0.7.1で復活した細かいこと
今月マイナーアップデートがリリースされたCreateJSで、EaselJSはバージョンが0.7.1になりました。中には、0.7.0で変わったと思われた動きが、ちゃっかり0.6.1と同じに戻っていたります。地味に愕然とします。

2013.12.29
FN1312002「EaselJS 0.7.1: 他のオブジェクトの後ろに置いたインスタンスがマウスイベントを受取らない
EaselJS 0.7.0から、ほとんどのマウスイベントはバブリングするようになりました。すると、子インスタンスで起こったマウスイベントが、親インスタンスのリスナーで扱えます。ただし、そのためにこれまでと動きが変わってくるところもあります。

2013.12.28
FN1312004「平面上の2直線の交点を外積で求めるサンプルコード
平面における2直線の交点は、ベクトルとして外積で考えると、一般的に導けます。コードに細かな場合分けが要りません。また、ふたつの線分が直接交わるかどうかも、外積で調べられます。

FN1312005「EaselJS 0.7.1: ColorFilterクラスでインスタンスの塗りのグラデーションを反転させる
ColorFilterクラスが定めるのは、インスタンスのカラーをチャネルごとに変換するフィルタです。Shapeインスタンスに塗ったグレースケールのグラデーションを反転してみます。また、使い方が少しわかりにくい、メソッドDisplayObject.getBounds()とDisplayObject.setBounds()についてもご説明します。

2013.12.25【レジュメ&サンプルコード公開】
2013年12月20日金曜日に開かれたCreateJS勉強会「CreateJS今日この頃: EaselJS 0.7.0および0.7.1で何が変わったのか」のレジュメとjsdo.itに加えたサンプルコードを公開します。とくにマウスイベント周りの扱いが変わっています。

2013年12月21日土曜日の第11回Creators Meetupで務めた高座「EaselJS 0.7.0と0.7.1のマウスドラッグとマウスイベントのバブリング」のレジュメとサンプルコードを公開します。マウスイベントの仕組みと流れを少し細かく説明しました。

FN1312003「平面上の2直線の交点を外積により求める
平面における2直線の交点は、直線の方程式を連立して解くことができます。ただ、その場合は傾きによる場合分けをしなければなりません。ふたつの直線をベクトルとして外積で考えると、一般的に交点が導けます。

2013.12.19
FN1311003「EaselJS 0.7.0: バグが確認されているColorMatrixクラスのメソッド
EaselJS 0.7.0のColorMatrixクラスには、バグの確認されたメソッドがあります。そして、いくつかは0.7.1で修正されました。ここでは3つのメソッドを、実装にも触れつつご紹介します。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第18回「簡単なクラスを定義する
    今回のお題は、引続きクラス定義と透視投影を使ったコードです。Keith Peters氏がActionScript 3.0でつくられたサンプルの動きをもとに、CreateJSでスクリプティングします。

2013.12.10
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第17回「簡単なクラスを定義する
    前回は、星形の3次元座標をy軸で水平に回し、2次元平面に透視投影したうえでアニメーションにしました。この表現はこのままに、スクリプトの書き方に磨きをかけます。具体的には、簡単なクラスを定義します。

FN1312001「Flash Professional CC 13.1のHTML5 CanvasドキュメントとCreateJS
Flash Professional CC 13.1から、新たなドキュメント形式として[HTML5 Canvas]が加わりました。これまでの[Toolkit for CreateJS]パネルによる[パブリッシュ]に替えて、ドキュメントからHTML5とCanvasに対応させようというものです。本稿では、FlashドキュメントをHTML5 Canvas形式に変換し、CreateJSで手を加えるまでの流れを簡単にご紹介します。

2013.12.2【CreateJS勉強会】
CreateJSの新バージョンがリリース されました。このリリースでは、イベントモデルの改訂を始め、とくにEaselJSライブラリが大きく変わっています。そこで、おもにEaselJS 0.7.0で扱いの異なるところを説明し、次期バージョン(NEXT)候補にも触れたいと思います。

【お  題】「CreateJS今日この頃」
【日  時】2013年12月20日金曜日19:00~20:40
【参加費用】無料 (ATNDにて登録)
【場  所】アドビ システムズ株式会社会議室(ゲートシティ大崎イーストタワー19F)
【定  員】30名
【参加申込】ATND「CreateJS勉強会~末~

2013.11.27
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第16回「3次元空間で座標を回す
    前回は、星形の2次元平面座標をPointオブジェクトで定めて直線で描き、平面上で回るアニメーションまでつくりました。今回は座標を3次元に拡げて、y軸で水平方向に回転させます。そのとき、遠近法の計算も加えてます。

2013.11.17
FN1311002「EaselJS NEXT: MouseEvent.localX/MouseEvent.localYプロパティ
MouseEvent.localXとMouseEvent.localYプロパティは、イベントが起こったときのマウスポインタのxy座標値を、リスナーが加えられたオブジェクト(Event.currentTargetプロパティの参照)の座標系にもとづいて調べて返します。読取り専用のプロパティです。

2013.11.18
F-site:CreateJS「EaselJS 0.7.0 & NEXT: ColorMatrix.toString()メソッドの戻り値
EaselJS 0.7.0には、ColorMatrix.toString()メソッドが定義されていません。そのため、継承する基本クラスのメソッドの値がそのまま戻り値になります。次期バージョン候補(NEXT)で、カラー変換行列の成分値を返すように修正されます。

2013.11.17
FN1311001「EaselJS 0.7.0のColorMatrix.concat()メソッドが正しい演算結果を返さない
EaselJS 0.7.0のColorMatrix.concat()メソッドは、引数に配列でなくColorMatrixオブジェクトを受取ったとき、正しく乗算された行列のオブジェクトを返しません。

2013.11.10
F-site:CreateJS「EaselJS 0.7.0: ColorMatrix.toArray()メソッドが空の配列を返す
新しいEaselJS 0.7.0のColorMatrix.toArray()メソッドが、カラー変換行列の25成分値を取出すことなく、空の配列を返します。

2013.11.9
F-site:CreateJS「EaselJS 0.7.0: ColorMatrix.clone()メソッドが動かない
EaselJS 0.7.0のColorMatrix.clone()メソッドが、正しくオブジェクトを返しません。次期バージョン候補(NEXT)で修正されました。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第15回「Matrix2Dクラスで座標を回す
    ワイヤーフレームで描かれた星形を、3次元空間のy軸で回します。CreateJSに3次元座標を扱うクラスはないので、2次元座標の変換を3次元の考え方に応用してつくります。

2013.10.29
FN1303001「CreateJSで関数にスコープを定める ー proxy()関数
CreateJSのグローバルな関数proxy()は、第1引数の関数に第2引数のスコープを定めた新たな関数を返します。新バージョンにもとづいて、全体に加筆・補正を施しました。

FN1310005「EaselJS NEXTに加わるDisplayObject.tickイベントの流れを止めるプロパティ
DisplayObject.tickイベントは、Stage.update()メソッドが呼出されたとき、Stageオブジェクトの表示リストに加わったすべてのDisplayObjectインスタンスに配信されます。その無駄な流れは止められるように、DisplayObject.tickEnabledとContainer.tickChildrenプロパティが備わります。

FN1310006「EaselJSのDisplayObject.tickイベント
Stage.update()メソッドが呼出されると、Stageオブジェクトはその表示リストのすべての階層の子オブジェクトにDisplayObject.tickイベントを送って、Canvasは描き替えられます。アニメーションするオブジェクトのフレームも、DisplayObject.tickイベントを受取って進められます。

2013.10.25
FN1310004「CreateJSの配列エレメントからインデックスを得るユーティリティ関数 - indexOf()
新しいCreateJSにグローバルに定められた関数で、第1引数に渡された配列から第2引数のエレメントを探し、そのインデックスの整数を返します。

2013.10.25
FN1310003「EaselJS 0.7.0でインスタンスをドラッグ&ドロップする
EaselJSは0.7.0になって、とくにイベントモデルが大きく変わりました。イベントがより扱いやすくなり、一貫した仕組みになります。前のバージョンとスクリプティングが変わった例として、インスタンスのドラッグ&ドロップを採上げます。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第14回「オブジェクトの使い回しとアニメーション素材の変更
    前回書いたコードでは、マウスポインタの動きに合わせてつくられるオブジェクトが落ちて弾み、残像にモーションブラーがかかりました。これにふたつ手を加えます。ひとつはオブジェクトを使い回すようにすること。そしてもうひとつは、スプライトシートアニメーションの素材を差し替えてみます。

2013.10.18
FN1310002「EaselJS 0.7.0のTickerクラスでrequestAnimationFrameのAPIを使う - Ticker.timingModeプロパティ
TckerクラスはタイミングのAPIに、setTimeoutかrequestAnimationFrameを使うことができます。EaselJS 0.7.0では、タイミングを決めるプロパティとしてTicker.useRAFに替わってTicker.timingModeが備わり、3つのモードから選べるようになりました。

2013.10.13
FN1302001「EaselJSでイベントリスナーを扱うEventDispatcherクラス
EventDispatcherクラスのリファレンスをEaselJS 0.7.0にもとづいて改訂しました。新バージョンで新たに加わった項目を明らかにしています。

2013.10.7
FN1309004「EaselJS 0.7.0の改訂
2013年9月25日にリリースされたEaselJS 0.7.0ライブラリの改訂を、VERSIONS.txtにもとづいて細かな項目まで紹介し、補足するとともに、これまで書いた記事へのリンクも加えました。

FN1310001「EaselJS 0.7.0のTicker.addEventListener()やTicker.on()メソッドが関数を返さない
EaselJS 0.7.0のTicker.addEventListener()やTicker.on()メソッドが、戻り値に定められている関数を返しません。CreateJS Supportで確認された問題です。

2013.10.2
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第12回「スプライトシートでアニメーションをつくる
    今回は、スプライトシートでアニメーションをつくります。「スプライトシート」というのは、アニメーションのひとコマひとコマをひとつにまとめた画像ファイルです。ファイルをひとつにすると、読込みが1回で済むため効率がよくなります。

  • 第13回「モーションブラーと弾むアニメーション
    前回つくったマウスポインタに合わせて弾けるスプライトアニメーションに、さらにふたつ表現を加えます。第1は、アニメーションの残像に、落ちる動きのぼかしを与える「モーションブラー」です。第2に、ステージの下端まで落ちたインスタンスを弾ませます。コードは最新のCreateJSに対応させました。

F-site:CreateJS「CreateJSの新バージョンがリリース
CreateJSの新バージョンが公開されました。機能が拡張し、バグは修正されるとともに、APIの安定化もはかられています。CreateJS Blog「New version of CreateJS released!」にもとづいて、その中身をご紹介します。

F-site:CreateJS「EaselJSのDisplayObject.mouseEnabledプロパティで直後のDisplayObject.mouseoutイベントが止められない
EaselJSのDisplayObject.mouseEnabledプロパティで直後のマウスイベントが止められない」ことがあります。この問題について、CreateJS Supportから回答がありました。その中身についてご説明します。

2013.9.28
FN1309003「Starlingフレームワーク1.4の新しい機能
2013年9月23日にStarlingフレームワーク1.4が公開されました。パフォーマンスの向上のほか。そのおもな内容を9月24日づけのblog記事「Starling 1.4」にもとづいてご紹介します。

2013.9.24
FN1309002「EaselJS次期バージョン候補に備わったEventクラスでイベントの流れを扱う
新たなEventクラスは、イベントオブジェクトの基本クラスとして定められました。また、EventはEventDispatcherクラスとともにDOM Level 2イベントモデルにもとづきます。リスナーを加えたオブジェクトに親子の階層があるとき、その間をイベントが伝わるバブリングとキャプチャの流れもサポートします。

9月21日に開かれた第8回Creators MeetUpでは、この中身を簡単にご紹介しました。レジュメとサンプルファイルを公開します。

2013.9.9
FN1309001「EaselJSのDisplayObject.mouseEnabledプロパティで直後のマウスイベントが止められない
DisplayObject.mouseEnabledプロパティは、DisplayObjectインスタンスがマウスイベントを起こさないように定めることができます。けれども、直後のマウスイベントが起こってしまうこともあります。

2013.9.7
F-site:CreateJS「EaselJSの次期バージョンに加わるイベントを扱うふたつのメソッドと注意点
EaselJSの次期バージョンでイベント周りの扱いが大きく変わります。EventDispatcherクラスをDisplayObjectクラスが継承し、イベントオブジェクトの基本クラスとしてEventクラスが定められました。これらのクラスに新たに備わった便利なメソッドをふたつご紹介します。

2013.8.29
FN1302001「EaselJSでイベントリスナーを扱うEventDispatcherクラス
EaselJS次期バージョン候補(NEXT)に備わるメソッドを加え、変更を補いました。解説すべてを見直して、大幅に書替えています。

2013.8.26
F-site:CreateJS「EaselJSの次期バージョンでオブジェクトの幅と高さを取得する実装
CreateJS Blogに「Update: Width & Height in EaselJS」という更新情報の記事が公開されました。「EaselJSの次期バージョンにおけるオブジェクトの幅と高さの取得」の04「次期バージョンでgetBounds()メソッドが備わる」で検討されていた矩形領域の調べ方について、DisplayObjectクラスへの実装が決まりました。

2013.8.22
FN1308004「EaselJS次期バージョンのイベントモデル改訂
EaselJS次期バージョン候補(NEXT)でイベントモデルが大きく変わります。CreateJS Blogの記事「Event Model Updates」にもとづいて、その中身をご紹介します。イベントがより扱いやすくなり、一貫した仕組みになります。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

2013.8.20
FN1308002「EaselJS次期バージョン候補の座標系クラスに初期化のメソッドが加わった
EaselJSのgeomパッケージには座標系のクラスとしてMatrix2DとPointおよびRectangleが定められています。EaselJS次期バージョン候補(NEXT)のこれら座標系クラスに初期化のメソッドが加わりました。クラスのコンストラクタを呼出せば、初期化された新たなオブジェクトはつくれます。けれど、すでにあるオブジェクトを初期化して使い回した方が、ガベージコレクションなどの負荷が減らせ、最適化しやすくなります。

FN1308003「遠近法が投影された座標を求める
CreateJSには3次元空間の座標を扱う機能はありません。それでも、3次元空間の座標に「遠近法」を加えて2次元平面に投影する計算は、それほど難しくはありません。「透視投影」と呼ばれるこの座標の求め方を説明し、3次元空間の座標を扱うクラスとして定めてみます。

2013.8.10
FN1308001「EaselJSのMatrix2Dオブジェクトの変換行列を適用する
Matrix2Dオブジェクトの変換行列は、他のインスタンスに適用して座標変換が加えられます。DisplayObjectインスタンスを変形するMatrix2D.decompose()メソッドと、Pointオブジェクトの座標を変換するMatrix2D.transformPoint()メソッドについてのリファレンス解説です。後者は、次期バージョン候補から備わります。

2013.7.29【レジュメ&サンプルコード公開】
2013年7月26日金曜日に開かれたCreateJS勉強会で務めた高座「CreateJS +0.0.1の地味なアップデートとEaselJS次期バージョン候補」のレジュメとjsdo.itに加えたサンプルコードを公開します。

2013年7月12日金曜日に開かれた「『WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック』出版記念特別セミナー」の録画ビデオが公開されました。

FN1307004「EaselJSの次期バージョンにおけるオブジェクトの幅と高さの取得
EaselJSのDisplayObjectインスタンスについては、基本的にオブジェクトの幅や高さが調べられません。CreateJS Blogの記事「Width & Height in EaselJS」にそれが難しい理由と、次期バージョン(NEXT)に備わる簡易的なメソッドが紹介されました。その記事にもとづいて解説します。

FN1307005「EaselJS次期バージョン候補のGraphics.inject()メソッド
Graphicsオブジェクトのキューに、Canvas APIの呼出しを挿入します。第1引数のコールバック関数は、参照するGraphicsオブジェクトが描画されるCanvasのContext2Dオブジェクトをスコープとして実行されます。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第10回「ドラッグの軌跡を滑らかな曲線で描く
    前回と同じく、BoxBlurFilterによりぼかしたイメージのインスタンスに、AlphaMaskFilterでマスクしたもとのイメージのインスタンスを重ね、マウスのドラッグでアルファマスクを描きます。今回は、連続する座標を滑らかな軌跡で描く手法について考えます。

2013.7.20【レジュメ&サンプルコード公開】
2013年7月20日土曜日に開かれた東京ひよこの会「SpriteSheet・AIR for Desktop・CreateJS・Scoutについて語り合おう!」で務めた高座「EaselJS NEXTが公開された」のレジュメとjsdo.itに加えたサンプルコードを公開します。

F-site:CreateJS「EaselJSの次期バージョンにおけるイベントのバブリングとマウスイベント
7月19日にCreateJSの開発者Grant Skinner氏よりEaselJSの次期バージョン(NEXT)について、「Event Bubbling + mousemove & mouseup」と題する投稿がありました。イベントのバブリングとmousemoveおよびmouseupイベントについて、ユーザーの意見を求めたものです。

2013.7.13【レジュメ&サンプルコード公開】
2013年7月12日金曜日に開かれた「『WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック』出版記念特別セミナー」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。セミナーのレジュメとjsdo.itに加えたサンプルコードを公開します。

FN1307003「EaselJSで連続した座標の軌跡を描く
EaselJSで連続した座標の軌跡を描きたいときがあります。たとえば、マウスドラッグにしたがって線を引くような場合です。とくに滑らかな曲線で軌跡を描くやり方について考えます。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第9回「ドラッグでアルファマスクを描く
    BoxBlurFilterによりぼかしたイメージのインスタンスに、AlphaMaskFilterでマスクしたもとのイメージのインスタンスを重ね、ドラッグでアルファマスクを描きます。

2013.7.11
FN1307002「EaselJSの次期バージョン候補でアニメーションの扱いが変わる
日本時間の7月9日GitHubに、EaselJSの次期バージョン(NEXT)が公開されました。大きく手を加えられたのが、スプライトシートやアニメーションの扱いです。おもな変更点について、簡単に解説します。

F-site:CreateJS「EaselJSの次期バージョン候補が公開される
EaselJSの次期バージョン(NEXT)の細かな変更点は、EaselJS(NEXT)の「VERSIONS.txt」に書上げられています。これらについて、簡単にご説明しています。

2013.7.8
FN1307001「SoundJSの次期バージョンにbasePathオプションとvolumeおよびpanプロパティが加わる
SoundJSの次期バージョン(NEXT)に、ふたつの追加がありました。ひとつは、読込むサウンドを登録するときパスの起点となるbasePathのオプションが加えられるようになりました。もうひとつは、SoundInstanceオブジェクトのボリュームとパンが、プロパティで扱えるようになったことです。

2013.6.28
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第8回「ぼかしフィルタとアルファマスク
    アルファマスクは、ベクターマスクとは異なり、AlphaMaskFilterクラスで扱われるフィルタです。さらにBoxBlurFilterクラスを使うと、インスタンスのイメージにぼかしが加えられます。今回は、このふたつのフィルタの使い方を学びます。

2013.6.10
FN1306002「EaselJSのGraphicsクラスで2次ベジエ曲線を描く
Graphics.quadraticCurveTo()とGraphics.curveTo()メソッドのリファレンスです。両メソッドは、Graphicsクラスの内部では同じ関数を参照し、オブジェクトに2次ベジエ曲線が描けます。加えて、使い始めたとき少し難しく感じるコントロールポイントの計算の仕方も解説しました。

2013.6.201【CreateJSセミナー】
CreateJS Style Book

2013年6月26日にマイナビより拙著『WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック』が発売されます。そこで、JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの主催により「『WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック』出版記念特別セミナー」が開催されます。JavaScriptの基礎を学んだみなさんに、CreateJSのライブラリはどのように使うのか、そしてどういう表現ができるのかを簡単にご紹介します。

【日  時】2013年7月12日金曜日20:00~21:30
【参加費用】無料 (事前登録制)
【場  所】株式会社サイバーエージェント本社13階会議室
【定  員】150名

2013.6.12
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第7回「粒子同士が引き合う力を直線の濃淡で示す
    前回の第6回では、ランダムに動く粒子それぞれの間にバネのような力を与えてアニメーションさせました。もっとも、バネはいくらでも伸び縮みするものではありません。そこで、この粒子のアニメーションでも、互いの間に引合う力が及ぶ距離を決めたうえで、力の働く粒子同士を直線で結んでみます。

2013.6.10
FN1306001「PreloadJSで外部ファイルを読込む
LoadQueueクラスを用いて外部ファイルを読込むときに用いるメソッドのリファレンス解説です。最新のPreloadJS 0.3.1で加わった項目を明らかにしています。サンプルコードはjsdo.itにも掲げました。

2013.5.30
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第6回「アニメーションする粒子間に引合う力を加える
    今回のお題は、ランダムに動く粒子の間に相互作用を加えたアニメーションです。ランダムな動きにオブジェクト同士のインタラクションを交えると、有機的なアニメーションになります。

2013.5.27
FN1305003「EaselJS 0.6.1のMatrix2Dクラスの基本的なメソッドと行列演算
EaselJSライブラリのMatrxi2Dクラスによる座標変換は、おもに変換行列の乗算で表されます。そこで、Matrix2Dクラスの基本的なメソッドについて、その行列演算をご紹介しました。

2013.5.22
FN1305004「TweenJS とSoundJS 0.4.1に備わったインスタンスを削除するメソッド
2013年5月14日付でCreateJSが+0.0.1アップデートされたときに加わったメモリ節約メソッドのご紹介です。バグも見つかったので報告して確認されました。GitHubで修正が加えられる予定です。

2013.5.14
F-site:CreateJS「CreateJSがバグ修正で0.01バージョンアップ
まだ今のところ、GitHubからのダウンロードです。前のバージョンで起こった問題について、修正されているかどうかを確かめました。

2013.5.13【レジュメ公開】
2013年5月10日金曜日に開かれた第3回「CreateJS勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「EaselJSでBox2Dを使った物理シミュレーションを試す」のレジュメとコードを公開します。

2013.5.8
F-site:CreateJS「EaselJSのMatrex2D.scale()メソッドの演算に誤りがある
Matrex2D.scale()メソッドの実装が誤っているようです。当座は、替わりにMatrix2D.prependTransform()メソッドを用いてしのぐのがよいでしょう。

FN1305002「EaselJSのMatrix2D.scale()メソッドを他の変換の後に呼出すと正しく伸縮されない
Matrix2D.scale()メソッドの内部処理や演算結果について詳しく説明しました。また、変換行列の演算や正しい実装についても触れています。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

  • 第5回「トゥイーンアニメーションを仕上げる
    同心円のリングが、ステージ上のクリックした位置に、時間差でトゥイーンする「TWEEN CIRCLES」。アニメーションやインタラクションをよく確かめて、スクリプトの仕上にかかります。

2013.5.5
FN1305001「Lo-Dashユーティリティライブラリを使ってみる」を加えました。Lo-Dashは、JavaScriptで配列やオブジェクトの細かな扱いができるユーティリティライブラリです。

F-siteのCreateJSに、つぎの2件を追加しました。

PreloadJSのLoadQueue.fileprogressイベントで読込みパーセンテージを調べる
PreloadJSのLoadQueue.fileprogressイベントで読込まれたパーセンテージは、イベントオブジェクトから調べられます。ところが、ドキュメンテーションのプロパティ名が誤っています。

CreateJSのproxy()メソッドに第3引数が渡せない
SoundJS 0.4.0のSoundクラスには、グローバルな静的メソッドとしてproxy()が備わりました。ところが、PreloadJSライブラリを読込むと動作が変わってしまいます。

2013.5.2
F-siteの業界ニュースに「ファーストルック: 次世代のFlash Professional」を追加しました。つぎのFlash Professionalの簡単な紹介と、実際に起動したアプリケーションのビデオが掲載されています。

2013.4.15
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う

2013.4.11
FN1304001「Starlingフレームワークで物理演算エンジンNapeを使う」を加えました。CPUの負荷が上がりやすい物理演算は、Stage3Dを試したい処理のひとつです。使いやすさで注目されている「Nape」を採上げました。

2013.3.27
FN1303002「関数に任意のthis参照を定める」を加えました。関数のthis参照を定めるやり方について、SoundJSのproxy()やFunction.bind()メソッドを試し、さらにproxy()メソッドを書直してみました。

2013.3.18
FN1303001「SoundJSで関数にスコープを定める ー proxy()メソッド」を加えました。静的メソッドproxy()のリファレンスです。例や実装についても解説を加えました。

2013.3.17
F-siteのCreateJSに「SoundJSのSoundInstance.completeイベントでSoundInstance.play()メソッドがサウンドを再生しない」を追加しました。SoundInstanceクラスのバグではないかと推測されます。

2013.3.16【レジュメ公開】
2013年3月15日金曜日に開かれた第2回「CreateJS勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「外部ファイルの読込みとサウンドの再生~新しいPreloadJSとSoundJS~」のレジュメを公開します。

2013.3.8
gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う」の第2回は、「トゥイーンをランダムに定める」です。 CreateJSのTweenJSライブラリでつくった座標のトゥイーンに、ランダムな繰返しの動きを加えます。また、2月14日(日本時間)にリリースされた新CreateJSにコードを対応させます。

F-siteのCreateJSに「新CreateJSでSoundJS 0.4.0のメモリの扱いが向上した」を追加しました。地味ではあるものの、大きな改善です。

F-site短期連載「Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション」の最終回となる第8回「Starlingフレームワークの実装に見るオブジェクトのリサイクル」が公開されました。

2013.3.1
F-siteのCreateJSに「CreateJSでダブルクリックを扱うイベントの誤記 ー DisplayObject.dblclickイベント」を追加しました。公式ドキュメントの誤記修正です。

2013.2.27
F-siteのCreateJSに「Ticker.addEventListener()メソッドにStageオブジェクトを渡す」を追加しました。第2引数にはStageオブジェクトを渡すと、Stage.update()メソッドが呼出されます。

FN1302001「EaselJSでイベントリスナーを扱うEventDispatcherクラス」に上記記事に関わる解説を加え、新バージョンのCreateJSにもとづく改訂をしました。

2013.2.21
F-site短期連載「Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション」に、第5〜第7回の記事が公開されています。

第5回「Starlingフレームワークでイベントリスナーを扱う
第6回「Starlingフレームワーク1.3の新たなフィルタのクラスとトゥイーンのメソッド
第7回「StarlingフレームワークとBox2Dで物理演算シミュレーションを行う

2013.2.18【レジュメ公開】
2013年2月15日金曜日に開かれた第1回「CreateJS勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「TweenJSを使ったアニメーションとマウスイベントの扱い」のレジュメを公開します。また、CreateJS.jp「第一回勉強会フォローアップ」に、当日のUSTREAM映像が公開されています。

2013.2.14【レジュメ公開】
2013年2月12日火曜日に開かれた第3回「Stage3D勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「StarlingフレームワークのTweenクラスにおける最適化とJugglerクラスの実装 」のレジュメを公開します。詳しい解説や参考サイトはリンクに加えてあります。

gihyo.jp連載「HTML5のCanvasでつくるダイナミックな表現―CreateJSを使う」の第1回は、「読み込んだ画像をトゥイーンアニメーションさせる」です。 読込んだ画像を水平にトゥイーンアニメーションさせます。トゥイーンにかける時間と垂直位置は、ランダムに定めます。

2013.2.7
FN1302002「EaselJSのイベントリスナーにFunction.bind()メソッドを適用するとリスナー内から削除できない」を加えました。リスナー関数にFunction.bind()メソッドを適用するときは注意が要ります。この検討にもとづいて、つぎのふたつのノートに改訂を加えました。

FN1302001「EaselJSでイベントリスナーを扱うEventDispatcherクラス
FN1212001「EaselJSのつぎのバージョンにEventDispatcherクラスが加わる

2013.2.3
FN1302001「EaselJSでイベントリスナーを扱うEventDispatcherクラス」を加えました。CreateJS次バージョンのイベントモデルを扱うクラスのリファレンスです。

2013.2.1
F-siteの業界ニュースに、つぎの2件を追加しました。

CreateJSのつぎのリリース候補バージョン(release candidates)が公開
Starlingフレームワーク1.3が公開

F-site短期連載「Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション」に、第3および第4回の記事が公開されています。

第3回「StarlingフレームワークのTweenクラスによるアニメーション
第4回「StarlingフレームワークのTweenクラスにおける最適化とJugglerクラスの実装

2013.1.24
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。CreateJSの次バージョンリリース候補((release candidates))で変わる予定のクラスの扱い方です。

FN1301008「PreloadJSに備わる予定のLoadQueueクラスで外部画像ファイルの読込みを待つ
FN1301009「SoundJSに備わる予定のSoundクラスで外部サウンドファイルを再生する

2013.1.22
FN1301007「Starlingフレームワークで表示リストの子オブジェクトにイベントが起こったことを伝える」を加えました。表示リストの子オブジェクトにイベントを伝えるメソッドのリファレンスです。Starlingフレームワーク内でEvent.ENTER_FRAMEイベントを送るのに用いられています。

2013.1.20
FN1301006「Starlingフレームワークでカラーマトリクスフィルタを使う」を加えました。Starling 1.3で備わった新たなクラスです。

F-siteで「Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション」と題する全8回の短期連載を始めました。第2回までの記事が公開されています。

第1回「Starlingフレームワークで書く初めてのアニメーション
第2回「Starlingフレームワークでスプライトシートを使う

2013.1.18
FN1301005「Starlingフレームワークでぼかし・ドロップシャドウ・光彩フィルタをかける」を追加しました。

2013.1.16
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1301003「Starlingフレームワーク1.3の新しい機能
FN1301004「StarlingフレームワークのJuggler.tween()メソッド

2013.1.12
FN1301002「Box2dWebを使うときの名前空間の扱い方」を追加しました。

2013.1.8
F-siteのActionScript: AS3に「ループ処理におけるカウンタ変数の減算と加算 3」を追加しました。

2013.1.2
FN1301001「starling.animation.Tweenクラスのインスタンス作成と再設定」を追加しました。

2012.12.24
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1212004「EaselJSのPointクラスの実装を見る
FN1212005「Function.prototypeプロパティ

2012.12.12
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1212002「論理演算子を使った条件判定
FN1212003「論理和(||)と論理積(&&)演算子

2012.12.7
FN1212001「EaselJSのつぎのバージョンにEventDispatcherクラスが加わる」を追加しました。

2012.11.30
FN1211003「EaselJSライブラリの短縮版JSファイルについて」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に、つぎの2件を追加しました。

Flash Professional CS6のEaselJSプラグインをアップデートする
EaselJSでインスタンスにロールオーバーしたとき指差しカーソルにする

2012.11.27
FN1211002「EaselJSでマウスのロールオーバーとロールアウトを捉える」を追加しました。

2012.11.9【レジュメ&サンプル公開】
2012年11月8日木曜日に開かれた「CreateJSでHTML5向けのJavaScriptコーディングをしよう」のレジュメとサンプルファイルを公開します。

2012.11.1
FN1211001「EaselJSのMatrix2Dクラスで3次元空間の回転を表現する」を追加しました。

2012.10.19
F-siteのActionScript: AS3に「StarlingフレームワークのTweenとJuggler APIがアップデートされる」を追加しました。

2012.10.18
FN1210005「EaselJSのMatrix2Dクラスを使ったインスタンスの変形」を追加しました。

2012.10.16
FN1210004「EaselJSを使ったインスタンスの傾斜・伸縮・移動」を追加しました。

2012.10.14
FN1210003「Function.lengthプロパティ」を追加しました。

2012.10.4
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1210001「EaselJSでスプライトシートからアニメーションをつくる
FN1210002「Internet Explorer 9でEaselJSのコンテンツが表示されない

2012.9.27
F-siteのCreateJSに「CreateJS: リッチでインタラクティブな体験をHTML5に」を追加しました。

2012.9.26
F-siteのActionScript に「Flash Professional CS6アップデート2が公開」を追加しました。

2012.9.25
FN1209010「Box2dWebで物理ワールドと剛体の定義を定める」を追加しました。

2012.9.22
FN1209009「SoundJSでSoundInstanceオブジェクトを指定して再生する」を追加しました。

F-siteのCreateJSに「SoundJS.play()メソッドを呼出してつくられるサウンドのインスタンスが消えない」を追加しました。

2012.9.17
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1209007「読込んだサウンドファイルをSoundJSで再生する
FN1209008「EaselJSのオブジェクトを物理演算エンジンのBox2Dで落とす

2012.9.12
FN1209006「Toolkit for CreateJS 1.1の新機能」を追加しました。

2012.9.10
FN1209005「EaselJSでインスタンスにマスクをかける」を追加しました。

F-siteのCreateJSに「EaselJSに新たに加えられたマスク機能」を追加しました。

2012.9.8
FN1209004「Flash Professional CS6でFlash Player 11.4のSWFを書出す」を追加しました。

2012.9.6
FN1209003「EaselJSのフィルタColorMatrixFilterでイメージをセピア調に変える」を追加しました。

2012.9.3
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第63回は、「Starlingフレームワークでインスタンスのクリックをどう扱うか」です。本連載の最終回です。Starlingフレームワークでインスタンスのクリックをどう扱うのか解説します。インスタンスのクリックは、もっとも基本的なマウスインタラクションです。ところが、この扱いというのが、定義済みActionScript 3.0と勝手が違うだけでなく、思いのほかやっかいだったりします。

2012.9.1
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1209001「Starlingフレームワークでフレームレート・使用メモリ・描画回数をモニタリングしたい - Starling.showStatsプロパティとStarling.showStatsAt()メソッド
FN1209002「StarlingフレームワークのEventDispatcher.dispatchEventWith()メソッドと新しいイベント配信

2012.8.24
FN1208002「Webアプリケーションの開発に最先端の技術を採入れる ー Flash Player 11.4およびAIR 3.4」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「Flash Professional CS6のアップデータが9月に公開」を追加しました。

2012.8.18
F-siteのActionScript: AS3に、つぎの2件を追加しました。

Flash Professional CS6から書出したスプライトシートはどう使うのか
Starlingフレームワーク1.2が公開される

2012.8.15
FN1208001「TweenJSでインスタンスにトゥイーンアニメーションを加える」を追加しました。

2012.8.10
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第62回は、「Starlingフレームワークで動的に置いたビットマップをドラッグする」です。Starlingフレームワークに[ライブラリ]のビットマップからつくったインスタンスを置き、マウスでドラッグしてみます。どちらも定義済みActionScript 3.0の場合とは少し勝手が違います。

2012.8.1【レジュメ公開】
2012年7月31日火曜日に開かれた「Stage3D勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「Starlingフレームワークの最適化」のレジュメを公開します。詳しい解説や参考サイトはリンクに加えてあります。

2012.7.30【レジュメ&サンプル公開】
2012年7月28日土曜日に開かれたF-siteセミナー「Flash Professional CS6がやって来た ヤア!ヤア!ヤア!」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。務めました高座「FLAからJSへ~CreateJS中級編」のレジュメとサンプルファイルを公開します。

2012.7.23
F-siteのCreateJSに「CreateJSのクラスが呼出せなくなる? 」を追加しました。

2012.7.22
FN1207003「CreateJS Suiteのクラスに名前空間が設定される」を追加しました。

2012.7.20
FN1207002「Tickerクラスでtickイベントを配信する」を追加しました。

2012.7.3
F-siteのActionScript: AS3に「Starlingフレームワークの衝突検出」を追加しました。

2012.7.2
FN1207001「Starlingフレームワークを最適化するためのActionScriptの設定」を追加しました。

2012.6.30
FN1206008「Starlingフレームワークでミップマップを使うかどうか」を追加しました。

2012.6.28
FN1206007「Starlingフレームワークで表示オブジェクトの描画を最適化する」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第61回は、「StarlingフレームワークでStage3Dを試す」です。「Starling」は、Flash Player 11の新しい描画機能「Stage3D」にもとづいてつくられた2次元の描画用フレームワークです。ハードウェアの「GPU」を用いることにより、速くて滑らかな描画ができます。今回は、Starlingフレームワークを用いたスクリプトの組立て方、およびStage3Dへの簡単な描画とアニメーションについてご説明します。

2012.6.26
F-siteのActionScript: AS3に「StarlingフレームワークのDisplayObject.hitTest()メソッド」を追加しました。

2012.6.16
F-siteのActionScript: AS3に「Starling Wikiで紹介されたActionScript 3.0最適化のコツ」を追加しました。

2012.6.15
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第60回は、「【特別編】1/0で考えよう − ビット演算」です。コンピュータは内部的に2進数で演算しています。そのため、数値を2進数で扱えばコンピュータにより近い計算になり、お得なことが少なくありません。その考え方も含めて解説します。

2012.6.10
FN1206006「Flash Professional CS6でFlash Player 11.3のSWFを書出す」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に、つぎの2件を追加しました。

Flash Player 11.3とAIR 3.3が正式公開
Starlingフレームワークを最適化するSpriteオブジェクトのフラット化とQuadBatchクラス

2012.6.9
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1206004「starling.display.QuadBatchクラス
FN1206005「ラベルが定められたFrameLabelオブジェクトにイベントリスナーを加える

2012.6.7
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1206002「Starlingフレームワークの最適化 − 状態の変更をできるだけ少なく
FN1206003「starling.display.Spriteクラス

2012.6.5
F-siteのサロンに「Flashランタイムのロードマップ更新情報」を追加しました。

2012.6.4
FN1206001「EaselJSでインスタンスをドラッグする勢いで回転を加速する」を追加しました。

Adobe Developer Connectionに、つぎのふたつの記事を寄稿しました。

ActionScript 3.0のフレームアクションをStarlingフレームワークに移行する
Starlingフレームワークのスプライトシートを使ったアニメーション

F-siteに2012年5月23日水曜日20:30から配信したADC OnAirのまとめ記事「ADC OnAir第2回『Stage3Dを学ぼう!Flashで2Dコンテンツ』」を掲載しました。

2012.5.29
2012年5月25日金曜日に開かれた「Stage3D勉強会」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「Starlingフレームワークの基本とマウスイベント」のサンプルファイルと参考リンク案内を公開します。

FN1205003「Starlingフレームワークでビットマップ上のクリックを検知する」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「Starlingフレームワークのスクリプトをフレームアクションに書いてみる」を追加しました。

2012.5.24
昨晩配信されたADC OnAir第2回「Stage3Dを学ぼう!Flashで2Dコンテンツ」のコーナー「奈緒のトニカクやってみよう!」コーナーのレジュメを「Toolkit for CreateJSでアニメーションをパブリッシュする」として公開しました。

2012.5.23
ADC OnAir第2回「Stage3Dを学ぼう!Flashで2Dコンテンツ」で使うサンプルファイルと視聴者プレゼント紹介ページを公開しました。

F-siteのActionScript: AS3に「StarlingフレームワークにEventDispatcher.dispatchEventWith()メソッドが加わる」を追加しました。

2012.5.21【レジュメ&サンプル公開】
2012年5月19日土曜日に開かれたF-siteセミナー「Flashユーザーが取り組むHTML5」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「新登場!CreateJSとは?」のレジュメとサンプルファイルを公開します。

2012.5.16
FN1205002「PreloadJSで外部画像ファイルの読込みを待つ」を追加しました。

2012.5.10
F-siteのサロンに「Adobe Flash Professional Toolkit for CreateJSについて知りたい方のためのリンク紹介」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第59回は、「インスタンスをクリックした点で回しながらドラッグする」で、前編の第57回「インスタンスをクリックした点で回しながらドラッグする」に続く後編です。今回は、まずマウスでドラッグする位置と向き、および速さによって回転に加速を与えます。そして仕上げは、マウスボタンを放すと、慣性で減速しながらやがて止まるようにします。

2012.5.2
FN1205001「EaselJSでインスタンスをクリックした座標で回しながらドラッグする」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第58回は、「【特別編】ビットマップのキャッシュとオブジェクトの使い回し」です。ふたつのお題を採上げました。第1は、アニメーションを滑らかに再生するためのビットマップイメージの扱いです。そして第2は、オブジェクトを使い回すこと、いわばエコなスクリプティングの勧めです。

2012.4.19
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1204008「StarlingルートクラスからStarlingオブジェクトを参照したい - Starling.currentプロパティ
FN1204009「Starlingフレームワークでフレームレートや使用メモリをモニタリングしたい - Starling.showStatsプロパティ

英語blogのJActionScriptersに「Starling.showStats property」を追加しました。

2012.4.13
FN1204007「BitmapData.drawWithQuality()メソッド」を追加しました。

2012.4.11
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1204005「EaselJSで外部ビットマップファイルを読込んで回す
FN1204006「クリックしたインスタンスの外でマウスボタンを放したときのイベント

英語blogのJActionScriptersに「Click in the Starling Framework」を追加しました。

2012.4.6
FN1204004「Starlingフレームワークで表示オブジェクトと座標の重なりを調べる」を追加しました。

2012.4.4
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第57回は、「インスタンスをクリックした点で回しながらドラッグする」です。どこかで見たことのあるFlashコンテンツの基本的な動きを次回との2回に分けて解説します。前編となる今回は、インスタンスをマウスでプレスしたら、その点を中心に回します。行列を使った座標の変換がお題です。後編では、マウスの動きに応じて、インスタンスが回る速さを変えます。それには、ベクトルの外積を使います。

FN1204003「Starlingフレームワークでインスタンスをクリックする」を追加しました。

2012.4.2
FN1204002「starling.events.Touchクラスと座標の変換」を追加しました。

2012.4.1
FN1204001「Starlingフレームワークでインスタンスをドラッグ&ドロップする」を追加しました。

2012.3.29
FN1203008「Stage.mouseLockとMouseEvent.movementX/MouseEvent.movementYプロパティ」を追加しました。

2012.3.25
FN1203007「Starlingフレームワークで表示オブジェクトのイベントリスナーをすべて削除するメソッド」を追加しました。

2012.3.23
FN1203006「JavaScriptでオブジェクトに設定した関数のスコープ」を追加しました。

2012.3.22
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第56回は、「【特別編】配列エレメントすべてをforループで扱う」です。配列エレメントすべてをforループでいかに速く扱うかがお題です。Vectorクラスで使えるテクニックは、文法の違いを除いて、ほぼ配列でも通用します。しかし逆に、配列にはVectorクラスとは違ったコツがあります。

FN1203005「EaselJSのマウスクリックとドラッグ&ドロップ」を追加しました。

2012.3.19
FN1203004「StarlingフレームワークでつくったテクスチャのボールをBox2Dで弾ませる」を追加しました。

2012.3.11
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1203002「MatrixTransformerクラスによりインスタンスを任意の座標で回す
FN1203003「TLFTextFieldのテキストの一部を指定したTextFormatが設定できない

2012.3.9
FN1203001「EaselJSで描いた星形を回す」を追加しました。

2012.3.6
F-siteのActionScript: AS3に「45度回転した矩形領域に対するクリック座標の判定」を追加しました。

2012.2.27【レジュメ&サンプル公開】
2012年2月25日土曜日に開かれた「ActionScript 3.0 パフォーマンスチューニング - 速い、軽い、 うまいスクリプティングを目指す」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。[応用編]のレジュメとサンプル(FLA)ファイルを公開します。[基礎編]については、F-siteセミナー「ActionScriptでの最速を求める」の資料をご覧ください。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第55回は、「平面上における三角形の内側か外側かを外積で調べる」です。ベクトルの外積を使ったサンプルをつくります。三角形で分割された領域があるとき、ある座標を与えて、それがどの三角形に含まれるのかを調べます。また、座標などの多くの数値を扱うとき、スクリプトをどのように組立てたらよいかも考えてみましょう。

2012.2.21
FN1202006「Starlingフレームワークで物理演算エンジンBox2Dを使う」を追加しました。

2012.2.15
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1202004「StarlingフレームワークのTweenクラスを使ったアニメーション
FN1202005「EaselJSで図形を描く

2012.2.13
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

FN1202002「<canvas>要素で定めた領域に図形を描く
FN1202003「Canvasでパスをつくる - beginPath()/closePath()メソッド

2011.2.8
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第54回は、「【特別編】配列の処理をVectorオブジェクトで最適化する」です。このたび技術評論社より発売される拙著『ActionScript 3.0パフォーマンスチューニング』から【特別編】としていくつかのネタを紹介します。初めに採上げるのがVectorクラスです。配列を使った処理をVectorオブジェクトに置換えるとき、ちょっとした工夫が要る場合もあります。

2012.2.8
Flash FN1202001「StarlingフレームワークのQuadインスタンスをグラデーションで塗る」を追加しました。

2012.2.6【レジュメ&サンプル公開】
2012年2月4日土曜日に開かれたF-siteセミナー「みんなのFlash効率化大作戦」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。担当した高座「ActionScriptでの最速を求める」のレジュメとサンプル(FLA)ファイルを公開します。

2012.2.1【ActionScript 3.0セミナー】
2012年2月25日土曜日に「ActionScript 3.0 パフォーマンスチューニング - 速い、軽い、 うまいスクリプティングを目指す」というお題で高座を務めることになりました。スクリプトを書くのは、いわば上司としてFlash Playerに仕事を命じることです。Flash Playerの得意・不得意を知り、どうすれば速くはかどるのか知っておくことは、できる上司になるうえで大切です。

【日  時】2012年2月25日土曜日
・[基礎編] 13:30~14:30 (開場13:00)
・[応用編] 15:00~16:30 (開場14:30)
【参加費用】無料 (事前登録制)
【場  所】社団法人日本グラフィックサービス工業会 セミナールーム
【定  員】各回40名

2012.1.29
Flash FN1201007「starling.display.Quadクラス」を追加しました。

2012.1.25
F-siteのActionScript: AS3に「Starlingはじめました」を追加しました。

2012.1.23
Flash FN1201005「Starlingフレームワークで物理演算エンジンNapeを使う」を追加しました。

2012.1.21
Flash FN1201006「starling.textures.Textureクラス」を追加しました。

2012.1.19
F-siteのActionScript: AS3に「テキストが入ったAIファイルを読込むと − パンドラの箱」を追加しました。

2011.1.18
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第53回は、「座標にもっとも近い線分上の点を内積で求める」です。ベクトルの「内積」をお題にして新たなムービーをつくります。ステージに階段状の折れ線を描き、インスタンスをマウスでその線に沿ってのみドラッグできるようにします。マウス座標をどのようにして折れ線上の点に投影して、インスタンスの動きを制限するかが課題です。

2011.4.18
テクニカルノートに、つぎの3件を追加しました。

FN1201002「Starlingフレームワークをインストールする
FN1201003「Starlingフレームワークを使う
FN1201004「starling.core.Starlingクラス

2012.1.5【ActionScript 3.0セミナー】
2012年2月4日土曜日開催のF-siteセミナーは、「みんなのFlash効率化大作戦」と題し、JSFL、ワークスペース、ActionScriptと3つの切り口から、効率アップの糸口を掴むためのセミナーをお届けします。

野中は[demo4]「ActionScriptでの最速を求める」を務めます。単にどう書くと速いというだけでなく、それがFlash Playerにとってどういう仕事になっているのかという理屈の説明をしていきます。>>お品書きと口上

【日  時】2012年2月4日土曜日13:15-17:00
【参加費用】1,000円
【場  所】国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟1F-102室(小田急線参宮橋駅徒歩7分)
【募集人数】80名
【予定内容】
[demo1]「JSFL入門から上達への道」ロクナナ 加茂 雄亮氏(30分)
[demo2]「オレオレJSFL自慢! JSFL友の会」加茂 雄亮氏/道家 陽介氏/小野田 智氏/前田 タスク氏(45分)
[demo3]「Flashワークスペース大比較」松本 慶一郎氏/蔵下 雅之氏/藤村 ケンジ氏/沖 良矢氏(45分)
[demo4]「ActionScriptでの最速を求める」野中 文雄(40分)

2012.1.4
F-siteのActionScript: AS3に「Text Layout Framework(TLF)で悩みがちなこと」を追加しました。

2012.1.3
Flash FN1201001「SafeLoaderクラスを使う」を追加しました。

2011.12.23
Flash FN1112002「シンボルにクラスを定めるときのヒント」を追加しました。

2011.12.22
Flash FN1112001「2次元平面で2直線の交点を求める」を追加しました。

2011.12.18
F-siteのActionScript: AS3に「間違いだらけ(?)のMatrix3Dクラスのドキュメント」を追加しました。

2011.12.15
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第52回は、「ベクトルの外積で回転の軸を定める」です。外積はふたつのベクトルのどちらにも、垂直なベクトルを求める計算です。ふたつのベクトルで、ひとつの面が定められます。したがって、ベクトルの外積は、面に垂直なベクトルを導くことだともいえます。

2011.11.21
Flash FN1111005「Flash PlayerとSWFのバージョンを調べる」を追加しました。

2011.11.17
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第51回は、「ベクトルの内積で面の向きを調べる」です。これから数回にわたって「ベクトルの内積・外積と三角関数」を扱います。少し凝った表現、とくに回そうとしたとき立ちはだかる知識です。まず使い方をご紹介し、数学的な説明は後から加えるかたちをとりました。

2011.11.15
Flash FN1111004「2進数のビット演算を試してみる - 奇数と偶数の扱い」を追加しました。

2011.11.11
Flash FN1111003「たくさんのインスタンスのアニメーションをビットマップでキャッシュする」を追加しました。

2011.11.10
Flash FN1111002「オブジェクトを使い回す」を追加しました。

2011.11.2
Flash FN1111001「Flash CS5/CS5.5でFlash Player 11のSWFを書出す」を追加しました。

2011.11.1
サイトを開設して満10年になりました。ご愛顧に感謝いたします。

2011.10.31
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第50回は、「立方体の4面にテクスチャを貼って上下左右に回す」です。前回は、立方体の前後左右4面をビットマップで包み、水平に回しました。4面の塗り順については、裏返った面を消す「カリング」で解決しました。今回は垂直の回転も加えますので、塗り順に正面から取組みます。

2011.10.28
Flash FN1110008「マウスイベントMouseEvent.MOUSE_OVERとMouseEvent.ROLL_OVERの違い」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「外部から読込んだSWFをメモリから消し去るには」を追加しました。

2011.10.19
Adobe Developer Cconnection Community Loungeに「地味すぎて伝わらないFlash Player 11の新機能」を投稿しました。Flash Player 11について最近書いたF-siteの記事や私のサイトのリファレンス情報をまとめた記事です。

2011.10.18
Flash FN1110007「System.pauseForGCIfCollectionImminent()メソッド」を追加しました。Flash Player 11で加わったガベージコレクションを制御するメソッドです。

2011.10.15
Flash FN1110006「ByteArrayオブジェクトからサウンドデータをSoundオブジェクトに読込むメソッド」を追加しました。Flash Player 11でSoundクラスに加わったふたつのメソッドです。

2011.10.12
Flash FN1110005「Vector3Dオブジェクトの座標値をコピーや設定するメソッド」を追加しました。Flash Player 11でVector3Dクラスに加わったふたつのメソッドです。

2011.10.11
Flash FN1110004「配列を偏りなくランダムに並べ替える」を追加しました。

2011.10.9
F-siteのActionScript: AS3に「Flash Player 11でMovieClipクラスに唯一備わったプロパティMovieClip.isPlaying」を追加しました。

Flash FN1110003「MovieClip.isPlayingプロパティ」にリファレンスとしてより詳しい解説を書きました。

2011.10.6
Flash FN1110002「Matrix3Dオブジェクトの行列データをコピーするメソッド」を追加しました。Flash Player 11で備わった新たなメソッド群です。

2011.10.5
Flash FN1110001「DisplayObjectContainer.removeChildren()メソッド」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「Flash Player 11でビットマップのサイズ制限がなくなる」を追加しました。

2011.10.3
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第49回は、「テクスチャを立方体の4面に貼る4面に貼る」です。前回は、水平に回る正方形の平面にテクスチャマッピングしました。けれど、スクリプトの仕組みとしては、とくに平面にかぎってはいません。そこで今回は、立方体の前後左右4面をビットマップで包み、水平に回してみます。

2011.9.26
Flash FN1109002「数値の切捨てや四捨五入の最適化」を追加しました。

2011.9.23
F-siteのActionScript: AS3に「Flash CS5に潜む謎のクラスWorld II − 内緒の物理エンジン」を追加しました。

2011.9.22
F-siteのActionScript: AS3に「三角関数で座標を回転するふたつの計算方法」を追加しました。

また、この記事の英語版「Calculating coordinates to rotate」をJActionScriptersに掲載しました。

2011.8.15
Flash FN1109001「Graphics.drawPath()メソッドでパスの多いかたちを描く」を追加しました。

2011.9.13
英語blogのJActionScriptersに「Comparing Graphics.drawPath() method with traditional Graphics API」を追加しました。

2011.9.4
F-siteのActionScript: AS3に「Dictionaryオブジェクトのキーにプリミティブ値を指定した場合」を追加しました。

2011.8.28
F-siteのActionScript: AS3に「矢印キーでインスタンスを移動させる」を追加しました。

2011.8.26
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第48回は、「テクスチャに遠近法を適用する - uvt座標の指定」です。Graphics.drawTriangles()メソッドの第3引数には奥行きのt軸を加えたuvt座標が渡せます。今回は、このuvt座標により、遠近法を適用したテクスチャマッピングに挑戦します。

2011.8.7
Flash FN1108001「TLFテキストが配置されたメインタイムラインの初期化」を追加しました。

2011.7.31
F-siteのActionScript: AS3に、つぎの2件を追加しました。

Flash CS5に潜む謎のクラスWorld
ガベージコレクションを働かせる裏技

2011.7.29
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第47回は、「遠近法を適用した3次元空間座標へのテクスチャマッピング」です。3次元空間座標を2次元平面に透視投影して、ビットマップの面を貼ってみます。第43回の3次元空間で回転する正方形の座標に、テクスチャマッピングします。

2011.7.26
Flash FN1103001「予め配置したインスタンスの存在しないフレームに移動しても参照が消えない」の「対処法」[2]に、Flash Player 10.2に対応するための大幅な改訂を加えました。

F-siteのActionScript: AS3に「TLFテキストを含むインスタンスがステージの表示リストから除かれるとき」を追加しました。

2011.7.12
Flash FN1107003「Eventのサブクラスでclone()とtoString()メソッドをオーバーライドする」を追加しました。

2011.7.5
Flash FN1107002「ドット演算子と配列アクセス演算子」を追加しました。

2011.7.1
Flash FN1107001「[シンボルプロパティ]のリンケージで[1フレーム目に書き出し]とは」を追加しました。

2011.6.29
Flash FN1106001「[ライブラリ]のビットマップを3次元空間で水平に回す」を追加しました。

2011.6.10
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第46回は、「分割した三角形にビットマップを変形して塗る」です。前回は、Graphics.drawTriangles()メソッドにより、三角形に分けた領域をビットマップで塗りました。このいわゆる「テクスチャマッピング」について、さらに解説を加えます。

2011.5.29
Flash FN1105001「角度のように数値を循環させる」を追加しました。

2011.5.20
F-siteのActionScript: AS3に「ふたつの数値の最大値・最小値を得るにはMathクラスより条件演算子?:の方が速い」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第45回は、「領域をビットマップで塗る - テクスチャマッピング」です。今回から、定められた領域をビットマップで塗りつぶすお題に取りかかります。目指すは、3次元空間から2次元平面に透視投影された面に、素材となるビットマップを貼りつけることです。素材を「テクスチャ」と呼び、貼りつけは「マッピング」といいます。この「テクスチャマッピング」を学びましょう。

2011.4.30
F-siteのActionScript: AS3に、つぎの2件を追加しました。

Text Layout Framework(TLF)でハマらないために
距離はPointやVector3DクラスのメソッドよりMath.sqrt()と三平方の定理で求める方が速い

2011.4.18
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

Flash FN1104001「Vector3D.angleBetween()メソッドの戻り値がNaNになる
Flash FN1104003「TLFテキストのある外部SWFを読込むとその中のオブジェクトにアクセスできない

2011.4.12
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第44回は、「ワイヤーフレームの立方体を回す」です。前回は、Vector3Dインスタンスで3次元空間における正方形の4頂点座標をつくり、y軸で水平に回したうえで、2次元平面の座標に透視投影したワイヤーフレームを描きました。今回のお題は、頂点座標を8つに増やして立方体を回します。

2011.3.7
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第43回は、「Vector3Dオブジェクトの座標に遠近法を適用する」です。前回は、3次元空間座標のVector3Dインスタンスで正方形の4頂点をつくって、y軸で水平に回しました。このワイヤーフレームに遠近法の投影(透視投影)を加え、2次元平面の座標に引き写すのが今回のお題です。

2011年3月5日に開かれた東京ひよこの会第1回勉強会「ボタンあれこれ」でご紹介したサンプルファイルとレジュメを公開します。

2011.2.14
F-siteのActionScript: AS3に「キーボードのキー操作をVectorオブジェクトで扱う」を追加しました。

2011.2.13
F-siteのActionScript: AS3に「Vectorインスタンスには長さを定めた方がよい」を追加しました。

2011.2.9
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

Flash FN1102002「MouseCursorDataクラス
Flash FN1102003「Mouse.registerCursor()/Mouse.unregisterCursor()メソッド」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「条件演算子?:はいつ使うとよいか」を追加しました。

2011.2.5
Flash FN1102001「条件分岐をポリモーフィズムに置換える」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第42回は、「TextVector3Dクラスの3次元空間座標とインスタンスへの描画」です。新たにVector3Dクラスを学びます。名前が示すとおり、このクラスは3次元空間座標(位置ベクトル)を扱います。初めのお題は例によって、四角形を3次元空間で水平に回すことです。

2011.1.27
F-siteのActionScript: AS3に「配列を初期化するには」を追加しました。

2011.1.22
F-siteのActionScript: AS3に「3次元回転の軸をベクトルの外積で求める」を追加しました。

2011.1.20
F-siteのActionScript: AS3に「直線で閉じた図形を描く」を追加しました。

2011.1.14
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。

Flash FN1101001「Event.stopPropagation()とEvent.stopImmediatePropagation()メソッドの違い
Flash FN1101002「DisplayObject.removedとDisplayObject.removedFromStageイベントの違い

2011.1.13
F-siteのActionScript: AS3に「ふたつの配列を連結する」を追加しました。

同様の内容を英語でJActionScriptersに「Merging two arrays」として追加しました。

2010.12.28
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第41回は、「Text Layout Frameworkへの外部XMLデータの読込みとユーザーインタラクション」です。Text Layout Framework Markup形式のXMLデータを、外部ファイルから読込みます。そのうえで、テキストの選択や編集など、ユーザーインタラクションを加えてみます。

2010.12.26
Flash FN1012002「予め配置したTLFテキストのインスタンスにTextLayoutFormatが適用できない」を追加しました。

2010.12.24
F-siteのActionScript: AS3に「キーボードのキー操作を扱うふたつの手法」を追加しました。

2010.12.17
F-siteのActionScript: AS3に「全角(2バイト)と半角(1バイト)を区別したバイト数の計算」を追加しました。

2010.12.14
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第40回は、「Text Layout Frameworkでテキストコンテンツを表示する」です。Text Layout Frameworkは「高度なテキスト編集およびレイアウト機能」を提供します。このフレームワークは「ActionScript 3.0で記述された独立したコンポーネントライブラリ」です。ライブラリの各クラスは、テキストの構造とフォーマットやその表示、さらに編集操作などの役割を、それぞれ分けて担っています。これらのクラスを使ったテキストコンテンツの扱い方について解説します。

F-siteのActionScript: AS3に「ハッピーマンデーを求める」を追加しました。

2010.12.11
F-siteのActionScript: AS3につぎの2件を追加しました。
データ型の変換はキャストよりas演算子が速い
文字列の検索・置換は正規表現よりStringクラスのメソッドを使う方が速い

2010.12.8
F-siteのActionScript: AS3に「XORマジック」を追加しました。

2010.12.6
Flash FN1012001「Model-View-Controller (MVC)」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「パフォーマンス向上のヒント」を追加しました。

2010.12.1【レジュメ&サンプル公開】
2010年11月30日火曜日に開かれた「ActionScript 3.0の3次元表現と数学の基礎」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。高座のレジュメとサンプル(FLA)ファイルを公開します。レジュメには補足解説として、拙著『ActionScript 3.0による三次元表現ガイドブック』よりPDFを抜粋してリンクしました。

2010.11.20
米国Adobe Flash Developer Centerに「Working with Text Layout Framework objects and classes in Flash」を寄稿しました。日本サイトの記事「ActionScript 3.0でFlash Professional CS5の Text Layout Frameworkを使う」をもとに英語化したものです。

2010.11.14
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第39回は、「TLFTextFieldクラスを使う」です。今回から、Flash Professional CS5で加わったテキストレイアウトフレームワーク(Text Layout Framework)について解説します。まずは、TLFTextFieldクラスです。これまでのTextFieldクラスと基本的な扱いは同じものの、より細かな設定ができます。

2010.11.5
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN1011002「予め配置したMovieClipのリスナーがインスタンスのないフレームに移動してもイベントを受取る
Flash FN1011003「Flash Player 10で予め配置したMovieClipのないフレームに移動したときイベントリスナーがすぐに消える

2010.11.4【ActionScript 3.0セミナー】
2010年11月30日火曜日に「ActionScript 3.0の3次元表現と数学の基礎」というお題で高座を務めることになりました。ActionScript 3.0の基礎を学んだ方を対象に、3次元空間の扱いで重要となる数学の基礎と、それがどのようにActionScript 3.0の3次元表現で使われるのかを解説します。

【日  時】2010年11月30日火曜日
・第1回15:30~17:00 (開場15:00)
・第2回18:30~20:00 (開場18:00)
 *各回の内容は同じ
【場  所】社団法人日本グラフィックサービス工業会 セミナールーム
【参加費用】無料 (事前登録制)
【定  員】各回40名

2010.11.1
Flash FN1011001「Observer(オブザーバー)パターン」を追加しました。

2010.10.30
F-siteのActionScript: AS3に「Observerパターンのサンプルプログラム」を追加しました。

2010.10.13
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第38回は、「z座標値に応じて重ね順を変える」です。面を4つに増やし、矩形の画像で四方を囲んで、最後は上下左右に回します。前回に続き、面の重ね順をどう決めるかが課題です。

2010.10.12
Flash FN1010002「Iterator(イテレータ)パターン」を追加しました。

F-siteのActionScript: AS3に「連結リストとVectorによるエレメントの追加と削除」を追加しました。

2010.10.6
Flash FN1010001「連結リスト(linked list)」を追加しました。

米国Adobe Flash Developer Centerに、つぎの7本のシリーズ記事を寄稿しました。日本サイトの記事「ActionScript 3.0から見るFlash Professional CS5」をもとに英語化したものです。

  1. Controlling the appearance of text elements with the Text Layout Framework
  2. Manipulating springs of an IK Bone for animations
  3. Leveraging code snippets and using enhanced code hinting
  4. Dynamically drawing a vector instance that contains elements
  5. Displaying the audio waveform captured from a microphone
  6. Deploying projects on devices with touch panels
  7. Catching errors globally to facilitate troubleshooting

2010.10.1
F-siteのActionScript: AS3に「インスタンスをドラッグして回すクラス定義」を追加しました。

2010.9.30
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN1009002「力のモーメント
Flash FN1009003「インスタンスをドラッグで回して動かす

2010.9.15
Flash FN1009001「@属性識別演算子」を追加しました。

2010.9.14
Adobeデベロッパーセンターに「ActionScript 3.0によるFlash Professional CS5のText Layout Frameworkとのインタラクション」を寄稿しました。

F-siteのActionScript: AS3に「ビデオで学ぶActionScript 3.0による3次元表現」を追加しました。

2010.9.2
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第37回は、「インスタンスの回転と重ね順」です。ふたつの面を前後に置いて、y軸で水平に回してみます。インスタンスの数が増えると、座標の変換だけでなく、その重ね順を考えなければならなりません。やり方はさまざまで、厳密に処理するほど負荷も増えやすくなります。いかに単純に扱えるように設計するかが大切です。

2010.8.24
Flash FN1008002「インスタンスのy軸における回転角の値の範囲」を追加しました。

2010.8.22【セミナー映像アップ】
ActionScript 3.0

2010年8月2日に開かれたセミナーイベント「ActionScript 3.0による 三次元表現 in Apple Store, Ginza」のビデオが公開されました。サンプルファイルもダウンロードできます。

2010.8.13
Flash FN1008001「3次元空間における面の向きを調べる」を追加しました。

2010.8.10
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第36回は、「Matrix3Dクラスの後から加える変換」です。インスタンスに加わる3次元座標変換の中身を明らかにし、後から加えるappendのついた変換のメソッドを試します。

Adobeデベロッパーセンターに「ActionScript 3.0によるText Layout Frameworkを使ったリキッドレイアウトの例」を寄稿しました。

2010.8.4
F-siteのActionScript: AS3につぎの2件を追加しました。
変数には初期値を与える
ラジオボタンのように複数の中のひとつだけ設定値を変える

2010.7.21
Flash FN1007002「リスナー関数が使う値を外から指定する」を追加しました。

2010.7.11
Flash FN1007001「Stage.scaleModeプロパティ」を追加しました。

2010.7.8
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第35回は、「Matrix3Dクラスによる座標変換」です。3次元空間における(平行)移動や回転および伸縮を、Matrix3Dクラスで行ってみます。座標変換の性質と特徴について解説します。

2010.7.7【ActionScript 3.0セミナー】
2007年から毎年開催のロクナナワークショップ「Summer Campシリーズ」。4年目となる今年は、ActionScript 3.0プログラマーの方々を対象に「 3D表現を身につけよう! 」をテーマに、2つのセミナーイベントを開催します。

ActionScript 3.0による3次元表現 【日  時】2010年8月2日月曜日18:30~20:00 (開場18:15)
【場  所】Apple Store, Ginza 3Fシアタールーム
【参加費用】無料
【定  員】180名 (座席数84)
【出  演】野中 文雄/池田 泰延 (出演順)

Flash CS4から搭載されたZ座標・奥行き方向の表現や、テクスチャマッピングなど、3Dコンテンツ制作に必要なコマンド類は、知っているだけで大きく表現の幅が広がります。見た目のインパクトも大きく、制作物のレベルが一気にあがります。

ActionScript 3.0による3次元表現 【日  時】2010年8月6日金曜日11:00~18:00 (開場10:45)
【場  所】関東ITソフトウェア健保会館 Conference A
【参加費用】9,800円 (書籍なし)/12,800円 (書籍付き)
【定  員】30名
【出  演】野中 文雄

ActionScript 3.0の基本は学ばれた方を対象として、Flash Player 10/Flash CS4 Professionalから備わった3D空間と座標の扱いについて解説します。

3D表現について学ぼうとすると、ベクトルや行列を始め、馴染みのない用語や考え方に戸惑うかもしれません。けれども、基本さえ理解できれば、自分でスクリプトを組立てることは決して難しくはありません。本講座は、3D空間のスクリプティングについての基礎固めをします。

2010.6.24
Flash FN1006004「Stage.resizeイベント」を追加しました。

2010.6.23
Flash FN1006003「外部XMLファイルからXMLデータを取出す」を追加しました。

2010.6.20
Adobeデベロッパーセンターに「ActionScript 3.0でFlash Professional CS5のText Layout Frameworkを使う」を寄稿しました。

2010.6.19
Flash FN1006002「エレメントをもったVectorインスタンスの生成」を追加しました。

2010.6.8
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第34回は、「3次元空間における回転」です。3次元空間でインスタンスを回すお題です。インスタンスを3次元空間で操作するやり方はいくつかあります。手軽なプロパティから順に試しましょう。

2010.6.1
Flash FN1006001「importディレクティブ(指示子)」を追加しました。

Adobeデベロッパーセンターに「ActionScript 3.0から見るFlash Professional CS5」を寄稿しました。

2010.5.27
Flash FN1005003「[ライブラリ]のビットマップに自動設定したクラスに渡す引数」を追加しました。

2010.5.24
Flash FN1005002「flashx.textLayoutパッケージのクラスを使うとコンストラクタからStageにアクセスできない」を追加しました。

F-F-siteのActionScript: AS3につぎの2件を追加しました。
Flash CS5の新機能とPlayerのバージョン
コードヒントとimport宣言

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第33回は、「遠近法の投影」 です。今回から、Flash Player 10で備わった3次元空間の扱いに入ります。まずは、遠近法の捉え方について解説します。

2010.5.12
F-siteのActionScript: AS3に「DisplayObjectインスタンスの削除とガベージコレクション」を追加しました。

2010.5.5
Flash FN1005001「Matrix3D()コンストラクタ」を追加しました。

2010.5.3
F-siteのActionScript: AS3に「ループ処理におけるカウンタ変数の減算と加算 2」を追加しました。

同様の内容を英語でJActionScriptersに「Decrement versus Increment in Loop 2」として追加しました。

2010.4.15
F-siteのActionScript: AS3に「Vectorクラスの地味な追加機能」を追加しました。

併せて、Flash FN0902001「Vectorクラス」を改訂しました。

2010.4.12
F-siteのActionScript: AS3に「ループ処理におけるカウンタ変数の減算と加算」を追加しました。

2010.4.7
F-siteのActionScript: AS3につぎの2件を追加しました。
DisplayObjectインスタンスの種類と使用メモリ
Vectorクラス対Arrayクラスの処理速度比較

2010.4.6
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第32回は、「Dictionaryクラスを使う」 です。Dictionaryクラスには、独自のメソッドとしてコンストラクタしか備わっていません。しかも、[ヘルプ]を読んでも、何をするクラスなのか要領を得ないのです。しかし、実はかなり使いでのあるクラスです。

2010.4.4
F-siteのActionScript: AS3に「Vector3Dの四元数表現」を追加しました。

同様の内容を英語でJActionScriptersに「Quaternion notation of Vector3D」として追加しました。

2010.4.1
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN1004001「Matrix3D.rawDataプロパティ
Flash FN1004002「Matrix3D.transpose()メソッド

2010.3.31
F-siteのActionScript: AS3に「Dateインスタンスに設定した月が1増える」を追加しました。

2010.3.19
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第31回は、「マウスのロールオーバー」 です。前回に続き、マウスイベントの扱いをお題にします。とくにマウスのロールオーバーをネタに、複数のインスタンスを含んだマウスイベントの捉え方について解説します。

2010.3.12
Flash FN1003002「タイムラインに置いたMovieClipからフレーム移動するとrootやstageが参照できない」を追加しました。

2010.3.7
Flash FN1003001「Matrix3D.rawDataプロパティ」を追加しました。

2010.2.27
Flash FN1002002「[ステージのインスタンスを自動宣言] - タイムラインのインスタンスの変数宣言」を追加しました。

2010.2.26
Flash FN1002001「2次元平面で座標が三角形の内側にあるかを調べる」を追加しました。

2010.2.12
Flash OOP

2010年1月26日火曜日に催されたイベント「wonderflがやってきた!!〜『ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0』刊行記念トークセッション〜」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。イベントのビデオが前編および後編に分けて公開されました。

2010.2.1
英語blogのJActionScriptersに「Calculation in the Utils3D.projectVectors() method」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第30回は、「マウスイベントとインスタンスの兄弟・親子の関係」 です。前回に続き、マウスとのインタラクションを扱います。今回のお題は、マウスのイベントです。マウスイベントはとくに複数のインスタンスが絡むので、気をつけなければならないことがいくつかあります。

2010.1.31
Flash FN1001001「Utils3D.projectVectors()メソッド」を追加しました。

2010.1.8【ActionScript 3.0セミナー】
wonderflがやってきた!!
〜『ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0』刊行記念トークセッション〜

面白法人カヤックが提供するサービス「wonderfl build flash online」を使ってActionScriptを学ぶ『ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0—It’s a wonderfl world—』の出版を記念し、執筆者陣によるwonderflのデモ&トークセッションを行います。

【日  時】2010年1月26日火曜日19:00~20:00 (開場18:30)
【場  所】Apple Store, Ginza 3Fシアタールーム
【参加費用】無料
【席  数】84名
【出  演】大塚 雅和(面白法人カヤック)/道家 陽介(面白法人カヤック)/池田 泰延/梅原 宗士/大重 美幸/小林 陽介/高輪 知明/野中 文雄/吉川 佳一


2009.12.18
Flash OOP

ワークスコーポレーションより共著『ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0 ―It's a wonderfl world―』が12月18日に発売されます。共著者は、面白法人カヤックのみなさんを始め、大重美幸さん、高輪知明さん、イズカワタカノブさん、村山健さん、梅原宗士さん、小林陽介さん、池田泰延さん、吉川佳一さん、小林茂さんら豪華執筆陣です。

Flash FN0912002「Dictionary()コンストラクタ」を追加しました。

gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第29回は、「ボタンのコントロール」 です。今回から、マウスの操作の扱いについて解説します。まずは、基本となるボタンのコントロールです。本稿では基本的にボタンシンボルは使いません。ボタンもMovieClipシンボルで作成します。

2009.12.6
Flash FN0912001「インスタンスをy軸で回転した角度が正しく設定されない」を追加しました。

2009.12.4
F-siteのActionScript: AS3に「Dictionaryクラスを使ってみる」を追加しました。

2008.12.3
Flash OOP

翔泳社より共著『ActionScript 3.0辞典 [FlashPlayer 10/9対応]』を11月16日に発売しました。共著者は、伊藤のりゆき(NORI)さん、大重美幸さん、植木友浩さん、林拓也さんという豪華な顔ぶれです。

2009.11.30
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN0911001「DisplayObject.rotationX/rotationY/rotationZプロパティ
Flash FN0911002「角度の値を換算して一定範囲に収める

2009.11.14
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第28回は、「正規表現で文字列を扱う」 です。正規表現は、RegExpクラスを使って処理します。このクラスが扱うのは、文字列のパターンです。そのパターンの表現は多彩で、奥が深いものです。本稿では、いわばその入り口を紹介します。

2009.10.31
F-siteのActionScript: AS3に「TextAreaコンポーネントのテキストを選択できなくする」を追加しました。

2009.10.30
Flash FN0910001「Transformクラスのオブジェクトへのアクセス」を追加しました。

2009.10.29
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第27回は、「XMLデータを扱う」 です。XMLデータは、外部ファイルとしてもよく用いられます。ActionScript 3.0におけるXMLの仕様は、「ECMAScript for XML(E4X)」に準拠します。

英語blogのJActionScriptersに「Three types of transformation objects in the Transform class」を追加しました。

2009.9.30
Flash FN0909001「クラス定義にプライベートなクラスが複数あるとコンパイルできない」を追加しました。

オンデマンドのビデオによる情報ソース「Adobe TV」の「Todoketai Channel - 3分でわかる!ActionScript 3.0新機能」というシリーズで、ゲスト講師を担当しました。現在PART-4までが配信されています。

英語blogのJActionScriptersに、つぎの2件を追加しました。
Calculation of focalLength
"Private" classes might cause a compile error
上記のノートは、後者の記事の日本語版になります。

2009.9.3
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第26回は、「外部データの読込み待ち」です。外部からロードしたデータを操作するために、その読込み待ちの処理を作成します。

2009.8.27
FN0608004「EventDispatcher.addEventListener()メソッド」をFlash CS4 Professionalの[Help]にもとづき、体裁を含めて大幅に改定しました。

2009.8.13
F-siteのActionScript: AS3に「DataGridColumn.cellRendererプロパティに文字列で値を指定する」を追加しました。

2009.8.10
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第25回は、「サウンドと画像の外部読込み」です。Flashムービーで使われるサウンドやMovieClipシンボル、画像、テキストデータといった素材は、外部ファイルにしてあとから読込むようにすれば、起動するためのSWFファイルはサイズを小さくできます。

英語blogのJActionScriptersに「Setting String to DataGridColumn.cellRenderer property」を追加しました。

2009.8.9
Flash FN0908001「ComboBoxコンポーネントの項目を削除してもドロップダウンリストの大きさが変わらない」を追加しました。

2009.7.28
英語blogのJActionScriptersに「Resizing the drop down list of ComboBox when removeItem() is called」を追加しました。日本語版も追って作成する予定です。

2009.7.24
Flash FN0907001「IKArmature.registerElements()メソッド」を追加しました。

2009.6.30
Flash FN0906001「Vector3D.project()メソッド」を追加しました。

2009.6.27【セミナー資料アップ】

バナー: Try the ActionScript 3D/野中文雄のFlash CS4で学ぶ3次元表現

2009年6月19日金曜日に催された67WSイベント「Try the ActionScript 3D/のFlash CS4で学ぶ3次元表現」にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。イベントの内容をもとにした解説記事とサンプルファイルがアップされました。

2009.6.26【セミナー資料アップ】
Adobeデベロッパーセンターに「2行のスクリプトで3次元の消失点をコントロールする」を寄稿しました。2009年5月30土曜日に催されたF-siteセミナー「初心者DAY!~トップランナーの制作現場」のdemo2「Adobe Flash CS4使いこなし大喜利」で披露したネタに、加筆補正を加えた内容です。

2009.6.19
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第24回は、「インスタンスの管理と配列の並べ替え」です。今回の課題は、まずインスタンスの回転するスピードを、マウスポインタの位置によって変えてみます。つぎに、インスタンスの重ね順を、3次元風の表現に対応するよう修正します。

2009.5.19
Flash FN0905003「座標と三角関数と、時々、ベクトル」を追加しました。

2009.5.18
英語blogのJActionScriptersに「Vector3D.w property for multiplication」を追加しました。日本語版は、F-siteのActionScript: AS3に「乗算時のVector3D.wプロパティ」として掲載しています。

2009.5.15
F-siteのActionScript: 業界ニュースに「Flash CS4 Professional 10.0.2アップデートが公開」および「Flash CS4 Professional 10.0.2アップデートの概要」を追加しました。

2009.5.7
Flash FN0905002「Vector3Dクラス」を追加しました。英語版ヘルプを翻訳し、注釈を添えたFN0810002の同名ノートに、全面的な改訂および補足を加えて、オリジナルのリファレンスとしました。

2009.5.4
Flash FN0905001「四元数(クォータニオン)」を追加しました。

2009.5.1【ActionScript 3.0セミナー】
Flash CS4 Professionalには、3次元空間の表現力が加わりました。ActionScript 3.0にも、Flash Player 10対応のこうした機能を実現するつぎのようなクラスやメソッドが備わっています。

  • Matrix3Dクラス
  • Vector3Dクラス
  • Vectorクラス
  • Graphics.drawTriangles()メソッド

今回のセミナーでは、これらのクラスやメソッドの使い方と、その前提となる3次元座標空間の考え方について、サンプルスクリプトを示しながら解説します。また、ベクトルや行列などの数学的な基礎にも触れる予定です。

【日  時】2009年6月19日金曜日13:00~16:15 (開場12:30)
【場  所】TKP代々木ビジネスセンター2号館B1 (JR代々木駅徒歩1分)
【参加費用】4,800円/学生料金2,400円
【募集人数】60名

2009.4.30
Adobeデベロッパーセンターに「三角形分割によるテクスチャマッピング − Graphics.drawTriangles()メソッド Part 2」を寄稿しました。

2009.4.27
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第23回は、「クラスのデザインとループ処理」です。今回は、まずEllipticMotionクラスの処理について、今後の拡張まで考えてデザインを整理してます。その後、タイムラインに複数のインスタンスを配置するといった、繰返し処理のテクニックをご紹介します。

2009.4.18
F-siteのActionScript: AS3に「addChildAt(child, 0)は処理が速い」を追加しました。

2009.4.14
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN0904001「Vector3D.crossProduct()メソッド
Flash FN0904002「Vector3D.dotProduct()メソッド

2009.4.8
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第22回は、「MovieClipシンボルにクラスを定義する」です。MovieClipシンボルにクラスを定義すると、シンボルのタイムラインや配置されたエレメントなどのアセットが、そのクラスに関連づけられます。すると、MovieClipシンボルを[ライブラリ]からステージにドラッグ&ドロップするだけで、クラスに定義した動作が実現されます。

2009.3.31
Flash FN0903001「Graphics.drawTriangles()メソッド」を追加しました。

Adobeデベロッパーセンターに「三角形分割によるテクスチャマッピング − Graphics.drawTriangles()メソッド Part 1」を寄稿しました。

2009.3.21
Flashドキュメント正誤表に「Flash CS4 Professionalヘルプ」を追加しました。

2009.3.4
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第21回は、「プロパティのようにアクセスするメソッド - get/setアクセサメソッド」です。クラスのプロパティを単にデータ型の指定だけでなく、もっと細かく管理する手法について学習します。

2009.2.28
Flash FN0902001「Vectorクラス」を追加しました。英語版ヘルプを翻訳し、注釈を添えたFN0810001の同名ノートに、全面的な改訂および補足を加えて、オリジナルのリファレンスとしました。

2009.2.12
Adobeデベロッパーセンターに「ActionScript 3.0におけるパフォーマンス向上のヒント」を寄稿しました。2009年1月30日金曜日に催されたAdobe MAX Japan 2009セッションB-7「ActionScript 3.0におけるパフォーマンス向上のヒント」での講演内容に、基本的な説明や補足を加えて書下ろしたものです。

2009.2.3【セミナー資料アップ】

2009年1月29日木曜日-30日金曜日に開催されたAdobe MAX Japan 2009にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。30日15:50-16:50に担当したセッションB-7「ActionScript 3.0におけるパフォーマンス向上のヒント」のレジュメとサンプルファイルをアップしました。

2009.1.18【追加登録開始】
Adobe MAX 2009で昨年中に満席となりました1月30日金曜日15:50-16:50の野中の担当セッションセッションB-7「ActionScript 3.0におけるパフォーマンス向上のヒント」が増員になりました。追加登録の受付が始まりましたので、ご希望の方はお早めにお申込みください。

2009.1.17
F-siteのActionScript: Tipsに「Flash CS4のヘルプ」を追加しました。

2009.1.14
Flash FN0901003「同階層のインスタンスを参照する」を追加しました。

2009.1.13
テクニカルノートに、つぎの2件を追加しました。
Flash FN0901001「FlashVarsでHTMLからSWFに変数を渡す
Flash FN0901002「LoaderInfo.parametersプロパティ

2009.1.9
gihyo.jp連載「ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング」の第20回は、「戻り値をクラスで定義する」です。新たに情報を収めるクラスを定義して、MyTimerクラスと組合わせて使ってみます。

2008年情報   2007年情報   2006年情報   2005年情報   2004年情報   2003年情報   2002年情報   2001年情報


「非公式テクニカルノート」のご利用について
ノートの作成にあたっては、必要な調査や検証を行っております。ただし、記載の誤りや漏れ、解説にしたがって発生した問題、およびそれらにより生じた損害につきましては、一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

ノートおよび掲載されているスクリプトの著作権は、作成者に属します。著作権者(作成者名または本サイト)を明示しての引用およびノートへのリンクは、差支えありません。スクリプトの利用・修正も、個人利用・商用ともに、自由に行えます。ただし、解説やスクリプトそのものを販売の目的とすることは、固く禁じます。

ノートに関するご意見・ご要望は、歓迎いたします。また、ノートの中の問題点・わかりにくかった点などでも、結構です。メールにてお寄せください。今後のテーマ選定や内容の改善にあたって、参考にさせていただきます。ただし、原則として返信は差し上げません。ご了承ください。

[トップへ]


CreateJS Style Book

WebクリエイターのためのCreateJS スタイルブック
>>>もくじとサンプル

ActionScript 3.0 Performance Tuning

ActionScript 3.0パフォーマンスチューニング

  ActionScript 3.0 for 3D

ActionScript 3.0による三次元表現ガイドブック
>>>補足および正誤表

ActionScript 3 Professional Guide

ActionScript 3.0プロフェッショナルガイド
>>>補足および正誤表

  Copyright © 2001-2016 Fumio Nonaka.  All rights reserved.