サイトトップ

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール

HTML5テクニカルノート

TypeScript入門 01: Visual Studio CodeでTypeScriptのコードを書く


「TypeScript」はマイクロソフトが開発したオープンソースのプログラミング言語です(「TypeScript: とにかくJavaScriptファイルをビルドしてみる」参照)。そのマイクロソフトが提供する無償の高機能エディター「Visual Studio Code」は、もちろんTypeScriptをサポートします。本稿では、Visual Studio Codeをインストールして設定したうえで、TypeScriptの簡単なコードをビルドしてみます。なお、TypeScriptはあらかじめインストールしておいてください(「TypeScript: とにかくJavaScriptファイルをビルドしてみる」01「TypeScriptをインストールする」参照)。

01 Visual Studio Codeをインストールする

Visual Studio Codeは、クロスプラットフォームの高機能エディターです(「Visual Studio Codeの使い方、基本の『キ』」)。ダウンロードページからインストールできます(図001)。軽いアプリケーションですので、ダウンロードすればすぐに起ち上げられます。

図001■Visual Studio Codeのダウンロードページ

図001

02 tsconfig.jsonでTypeScriptの設定を行う

TypeScriptのプロジェクト用のフォルダをつくっておきましょう(ここでは「typescript」という名前にしました)。Visual Studio Codeを起ち上げたら、左端のビューバーから[エクスプローラー]([command]/[Ctrl] + [shift] + [E])を選んで、プロジェクトのフォルダを開きます(図002)。

図002■[エクスプローラー]でフォルダーを開く

図002

TypeScriptの設定ファイルtsconfig.jsonを、[ファイル]メニューの[新規ファイル]または[エクスプローラー]の[新たしいファイル]のボタンでつくります(図003)。以下のJSONのコードを書いて、tsconfig.jsonという名前で保存してください。ECMAScript5とCommonJSモジュールにもとづき、ソースマップを用います。

図003■[エクスプローラー]の[新たしいファイル]ボタン

図003
tsconfig.json

{
	"compilerOptions": {
		"target": "es5",
		"module": "commonjs",
		"sourceMap": true
	}
}

03 TypeScriptからビルドするタスクをJSONファイルで定める

TypeScriptのコードからJavaScriptへのビルドをタスクとして定めましょう。[タスク]メニューから[既定のビルドタスクの構成...]で「tsc: build」を選びます(図004)。

図004■[既定のビルドタスクの構成...]から「tsc: build」を選ぶ

図004

すると、つぎのようなtasks.jsonファイルがつくられます。これで、tscが外部コマンドとして登録され、Visual Studio CodeからプロジェクトフォルダのTypeScriptファイルをJavaScriptにビルドできるのです。tasks.jsonファイルは閉じて構いません。

tasks.json

{
	// See https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=733558
	// for the documentation about the tasks.json format
	"version": "2.0.0",
	"tasks": [
		{
			"type": "typescript",
			"tsconfig": "tsconfig.json",
			"problemMatcher": [
				"$tsc"
			],
			"group": {
				"kind": "build",
				"isDefault": true
			}
		}
	]
}

04 TypeScriptで書いたコードをビルドする

それでは、TypeScriptのコードで簡単なクラスを定めて、JavaScriptファイルにビルドしてみましょう。まず、プロジェクトのフォルダに、新たにTypeScriptファイル(拡張子.ts)をつくります(ここではsample.tsとします)。そして、以下のコード001のようにクラス(Point)を定めましょう(図005)。

TypeScriptはクラスベースのオブジェクト指向プログラミングの仕様を備えています。キーワードclassの後にクラス名を添えて定義します。コンストラクタはconstructorで関数と同じように定めます。変数や引数およびプロパティには、コロン(:)で型づけできます(「TypeScript: とにかくJavaScriptファイルをビルドしてみる」03「変数と関数に型づけする」参照)。なお、インスタンスプロパティ(xおよびy)に、var宣言はつけません。

コード001■TypeScriptのコードでクラスを定めて試す


class Point {
	x: number;
	y: number;
	constructor(x: number, y: number) {
		this.x = x;
		this.y = y;
	}
}
console.log(new Point(1, 2));

図005■TypeScriptファイルにクラスを定める

図005

tasks.jsonに定めたタスクを実行してビルドするには、[タスク]メニューから[ビルドタスクの実行]を選びます(図006)。ビルドのタスクはたびたび使いますので、ショートカットキー[command]/[Ctrl] + [shift] + [B]を覚えましょう。

図006■[タスク: ビルドタスクの実行]でビルドする

図006

正しくビルドされると、TypeScriptファイルと同じ名前のJavaScriptファイル(拡張子.js)とソースマップ(拡張子.map)がつくられます(図007)。

図007■ビルドされたJavaScriptファイル

図007

このJavaScriptファイルを、つぎのようにHTMLドキュメント(index.htmlとしました)に<script>要素で読み込めばよいのです。

index.html

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Sample</title>
<script src="sample.js"></script>
</head>

<body>
</body>
</html>

05 Visual Studio Codeでコードを試す

Visual Studio Codeのデバッグの機能で、コードを試してみましょう。左端のビューバーで[デバッグ]([command]/[Ctrl] + [shift] + [D])に切り替えます。[デバッグの開始]ボタン右のプルダウンから[構成の追加...]で[Node.js]を選んでください(図008)。

図008■[デバッグの開始]で[Node.js]を選ぶ

図008

さらに構成が選べますので、[Chrome: Launch]を加えます(図009)。

図009■構成に[Chrome: Launch]を加える

図009

構成として、launch.jsonファイルがつくられます。Chromeの起ち上げは、ローカルのHTMLドキュメント(index.html)を開くことにしますので、つぎのように書き替えてください。パスの${workspaceFolder}は、プロジェクトフォルダを示します。launch.jsonファイルを保存したら、閉じて構いません。

launch.json

{

	"configurations": [
		{
			"type": "chrome",
			"request": "launch",
			"name": "Launch Chrome",
			// "url": "http://localhost:8080",
			// "webRoot": "${workspaceFolder}",
			"file": "${workspaceFolder}/index.html"
		},

	]
}

デバッグの構成を定めたlaunch.jsonファイルの記述全体はつぎのコード002のとおりです。

コード002■デバッグの構成を定めたlaunch.json

launch.json

{
	"version": "0.2.0",
	"configurations": [
		{
			"type": "chrome",
			"request": "launch",
			"name": "Launch Chrome",
			"file": "${workspaceFolder}/index.html"
		},
		{
			"type": "node",
			"request": "launch",
			"name": "プログラムの起動",
			"program": "${workspaceFolder}/sample.ts",
			"outFiles": [
				"${workspaceFolder}/**/*.js"
			]
		}
	]
}

launch.jsonに加えたふたつのデバッグの構成(「プログラムの起動」と「Launch Chrome」)は、[デバッグの開始]ボタン右のプルダウンから選べるようになります(図010)。

図010■プルダウンからデバッグの構成を選ぶ

図010

「プログラムの起動」(前掲図010参照)は、ビルドしたJavaScriptファイル(sample.js)の実行です。[デバッグの開始]ボタンを押すか[デバッグ]メニューから[デバッグの開始]([F5])を選び、[表示]メニューから[デバッグコンソール]([command]/[Ctrl] + [shift] + [Y])を開くと、つぎのようにconsole.log()メソッドの戻り値が示されます(前掲コード001参照)。


Point { x: 1, y: 2 }

「Launch Chrome」で[デバッグの開始]をすると、ChromeでHTMLドキュメントが開きます。console.log()メソッドの出力を確かめるのは、ブラウザのコンソールです。そのままデバッグの状態が保たれますので、終えるには[停止]ボタン([shift] + [F5])をクリックしてください(図011)。

図011■デバッグを[停止]する

図011

作成者: 野中文雄
作成日: 2018年4月12日 FN1609002を全面改訂。Visual Studio Codeのアップデートにより、メニューや設定ファイルの記述が変わったため。


Copyright © 2001-2018 Fumio Nonaka.  All rights reserved.