サイトトップ

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール

HTML5テクニカルノート

Angular 5: Angular CLIで手早くアプリケーションをつくる


Angularは今もっとも注目されているフレームワークで、SPA(Single Page Application)の開発に力を発揮します。2017年11月2日にAngular version 5.0.0がリリースされ、12月7日には5.1.0にアップデートされました。本稿執筆時の最新バージョンは5.1.1です。

Angularのアプリケーションをつくろうとすると、まず環境をつくらなければならず、TypeScriptなど学んでおくべき技術もあります。JavaScriptの基礎を身につけただけでは足りず、力尽きてしまいそうになるかもしれません。Angular CLIは、アプリケーションの開発を手助けするツールです。本稿ではこのツールで、とりあえず動きが確かめられるAngularアプリケーションのひな形をつくってみます。

01 Node.jsとTypeScriptをインストールする

Angular CLIはNode Package Manager (npm)でインストールします。そのため、npmを備えるNode.jsを先にインストールしておきます。Angular CLIを使うには、Node.jsはパージョン6.9以上(npm 3.0以上)でなければなりません。本稿執筆時は、最新版が9.3.0で安定板(Long Term Support)は8.9.3ですので、少なくとも8.9以降のバージョンを使えばよいでしょう(図001)。

図001■Node.jsサイトのトップページ

図001

「CLI」というのは「command line interface」の略です。CLIは、コマンドラインツールで動かします。WindowsであればNode.jsとともにNode.js command promptがインストールされますし、Macにはターミナルが入っているでしょう。npmやCLIのコマンドをキーボードから入力して操作することになります。

AngularはTypeScriptでコードを書くことが勧められています。Angular CLIがつくるプロジェクトのプログラムも、TypeScript(TS)ファイルです。それらに手を加えるには、TypeScriptをインストールしておかなければなりません(「TypeScript: とにかくJavaScriptファイルをビルドしてみる」01「TypeScriptをインストールする」参照)。また、TypeScriptがサポートされたエディタを使います。エディタによっては設定が要るかもしれません。筆者が使っているのはVisual Studio Codeです(「TypeScript入門 01: Visual Studio CodeでTypeScriptのコードを書く」01「Visual Studio Codeをインストールする」参照)。

02 Angular CLIをインストールする

Angular CLIは、コマンドラインツールでnpmのinstallコマンドを使ってインストールします。-g(--globalの省略記法)はグローバルの意味で、環境内のどのディレクトリ(フォルダ)からでもAngular CLIが使えます。


npm install -g @angular/cli

Macで管理者権限を求めるエラーが出たときは、頭にsudoコマンドを添えてインストールし直してください。


sudo npm install -g @angular/cli

03 Angular CLIでひな形のプロジェクトをつくる

Angular CLIをインストールすると、ngコマンドを使ってひな形となるAngularのアプリケーションのプロジェクトがつくれます。まず、コマンドラインツールで、プロジェクトをつくるディレクトリに移ります(cdコマンドを使う)。そして、つぎのngコマンドを打ち込めぱ、新たな「my-app」というディレクトリにアプリケーションのひな形のプロジェクトができ上がるのです。npmのパッケージをインストールするので、少し時間がかかります。


ng new my-app

04 ローカルサーバーでアプリケーションを開く

プロジェクトができたら、アプリケーションをローカルサーバーで開きます。つぎのように、新たにつくられたプロジェクトのディレクトリに切り替えて、ngコマンドのserveでローカルサーバーを起ち上げてください。--openを加えることにより、ブラウザでアプリケーションが開きます(図002)。ローカルサーバーのURLはhttp://localhost:4200/です。serveコマンドは、アプリケーションのファイルを監視して、修正が加わるとページは描き替わります。終了させるには、キーボードから[control]/[Cntrl] + Cのキーを入力してください。


cd my-app
ng serve --open

図002■ブラウザで開いたAngularのアプリケーション

図002

05 コンポーネントに手を加える

アプリケーションのファイルは、プロジェクトのディレクトリの「src」フォルダに納められています。さらに、その中の「app」フォルダに入っているのが、アプリケーション(app.module)とコンポーネント(app.component)のTypeScript(TS)ファイル、およびコンポーネントのHTMLとCSSファイルです(図003)。

図003■プロジェクトのディレクトリの中身

図003

ページに表示されるタイトルのテキストは、TypeScriptファイルsrc/app/app.component.tsに定められています。つぎのように、コンポーネントのクラス(AppComponent)に定められたタイトルのプロパティ(title)を書き替えれば、ページの表示も変わります。

src/app/app.component.ts

export class AppComponent {
	title = 'My First Angular App';  // 'app';
}

また、コンポーネントのCSSファイルははじめは空っぽです。つぎのような定めを加えれば、タイトルのスタイルは変わります(図004)

src/app/app.component.css

h1 {
	color: #369;
	font-family: Arial, Helvetica, sans-serif;
	font-size: 250%;
}

図004■タイトルとスタイルが書き替わったアプリケーションのページ

図004

06 アプリケーションの組み立て

アプリケーションがどのように組み立てられているのか、おもにappフォルダのファイルについて簡単に触れておきましょう。index.htmlの<body>要素には、Angularのアプリケーションがつぎの抜書きのようにタグとして加えられています。

src/index.html

<app-root></app-root>

アプリケーションのタグを定めるのは、コンポーネントのTypeScriptファイル(app.component.ts)です。コンポーネントのクラス(AppComponent)に加えられたデコレータ関数(codeComponent())の引数オブジェクトが、タグ(selector)のほか、HTMLテンプレート(templateUrl)やCSS(styleUrls)のファイルも決めています。

src/app/app.component.ts

@Component({
	selector: 'app-root',
	templateUrl: './app.component.html',
	styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent {

}

もっとも、コンポーネント(app.component)は、みずから起ち上がるわけではありません。アプリケーションのモジュール(app.module)がデコレータ関数(NgModule())の引数オブジェクトでコンポーネントを宣言(declarations)して起動(bootstrap)するのです。

src/app/app.module.ts

@NgModule({
  declarations: [
    AppComponent
  ],

  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

  • Angular 5入門 01: アプリケーションの枠組みをつくる
  • Angular 5入門 02: 編集ページをつくる
  • Angular 5入門 03: データのリストを表示する

  • 作成者: 野中文雄
    作成日: 2017年12月20日


    Copyright © 2001-2017 Fumio Nonaka.  All rights reserved.